【横浜FC】まさにキング・カズ狂騒曲「泣きそうになっちゃいましたよ」

カテゴリ:Jリーグ

川原崇(サッカーダイジェストWeb編集部)

2017年02月26日

鮮やかなピンクのスーツに身を包んで

50歳の誕生日を迎えたカズ。試合後に報道陣からの取材に対応した。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

[J2リーグ開幕戦]横浜FC1-0松本山雅/2月26日(日)/ニッパツ三ツ沢

 夕焼けを背に、ド派手なコスチュームで現われた。この日、50回目の誕生日を迎えたキング・カズ、三浦知良。300人近い報道陣が待つ取材エリアに、鮮やかな上下ピンクのスーツをまとい──。熟練の記者たちからも「やっぱかっけーな」との声が相次いだ。

【J2 PHOTO】50歳のキングカズ、 ド派手なピンクスーツ姿も披露!!
 
「スタジアムに入った時に、誕生日おめでとうございますってファンの方々の声が聞こえましたし、フラッグやメッセージや、いろんな言葉をもらいました。まだ試合前でしたけど、なんか泣きそうになっちゃいましたね」
 
 顔をくしゃくしゃにして、笑った。
 
 1万3244人の超満員に膨れ上がったニッパツ三ツ沢球技場。シーズンの開幕戦を松本山雅と戦った横浜FCは、序盤から敵の鋭いフォアチェックに苦しむ。長身FWイバとの2トップで先発を飾ったカズだが、2列目に引いたりサイドに流れたりと微妙に位置を替えてボールを引き出すが、「松本はJ2のなかでもトップレベル。最初は勢いに呑まれたのもあるし、チームとして動きが硬かった」と、なかなか突破口は見出せなかった。
 
 それでもホームの横浜FCは、16分、MF野村直輝が豪快にミドルを蹴り込んで先制点を挙げる。リードを奪って精神的に余裕ができたのか、以降はCB西河翔吾を軸とする4バックが果敢にラインを押し上げ、中盤でのパスワークも円滑になっていく。カズ自身はなかなかボールに触れなかったが、「キャンプから取り組んできた守備の連動性のところはうまくいってましたね」と、献身的な守備で貢献。1-0で前半を折り返した。
 
 後半も横浜FCが主導権を握る。56分にゴール前20㍍の位置からカズがループ気味のミドルを狙うなど、チーム全体でシュートへの意識を高め、松本を押し込んだ。カズは65分にお役御免。横浜FCはGK南雄太の安定したセービングもあって最後まで堅牢を維持し、そのまま3ポイントを奪取した。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月24日発売
    総勢40名が選ぶ!
    J1前半戦
    MVP&ベストイレブン
    「司令塔」特集も必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ