• トップ
  • ニュース一覧
  • 【現地1月25日の主な移籍】エブラがマルセイユ、グエデスがパリSGへ! 柴崎のラス・パルマス移籍も加速へ

【現地1月25日の主な移籍】エブラがマルセイユ、グエデスがパリSGへ! 柴崎のラス・パルマス移籍も加速へ

カテゴリ:移籍情報

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年01月26日

エブラは11年ぶりにリーグ・アンへ帰還。

パトリス・エブラ(ユベントス→マルセイユ)。(C)Getty Images

画像を見る

■パトリス・エブラ
・35歳/DF/フランス代表
・ユベントス→マルセイユ(完全移籍)
・移籍金;不明
 百戦錬磨の左SB/WBだが、今シーズンはアレックス・サンドロの後塵を拝して控えに降格。今冬は古巣マンチェスター・Uをはじめ、クリスタル・パレス、バレンシアなどが移籍先候補に挙がったが、結局はマルセイユと1年半契約を結んだ。2006年1月にモナコを退団して以来、11年ぶりのリーグ・アン復帰だ。昨年10月にリュディ・ガルシア新監督を招聘したマルセイユは、右SBこそ酒井宏樹で固定しているが、左SBはレギュラー格のアンリ・ベディモが怪我に倒れ、ドーリア、カリム・レキク、トマシュ・ヒュボチャンなどCBを回して凌いできた。エブラはレギュラーとして期待される。
 
■ゴンザロ・グエデス
・20歳/FW/ポルトガル代表
・ベンフィカ→パリSG(完全移籍)
・移籍金:3000万ユーロ(約36億円)
 ドリブル、パス、シュートのすべてが高次元で、母国では「新しいクリスチアーノ・ロナウド」とも謳われる逸材だ。アーセナルやモナコ、そしてマンチェスター・Uが獲得に向けて動き出し、一部ではマンチェスター・U合意説も出ていたが、代理人ジョルジュ・メンデスにパリSGのパトリック・クライファート強化担当が急接近。3000万ユーロ+ボーナス700万ユーロ+次回売却時のベンフィカへのインセンティブ払いという好条件で一気に強奪した。5連覇中のリーグ・アンでここまで3位と調子の上がらないパリSGは、夏に内定していたジオバニ・ロ・チェルソ(ロサリオ・セントラルから)のみならず、ドイツの天才ユリアン・ドラクスラー(ヴォルフスブルクから)、そしてグエデスとアタッカーを乱獲し、後半戦に向けて鼻息が荒い。
 
 ■マウロ・サラテ
・30歳/FW/アルゼンチン国籍
・フィオレンティーナ→ワトフォード(完全移籍)
・移籍金:275万ユーロ(約3億3000万円)
 超絶技巧で違いを作る天才肌のアタッカー。昨シーズンはウェストハムから途中加入したフィオレンティーナで主戦を張るも、今シーズンは控えに甘んじて退団を模索。前線強化を目論むワトフォードへ完全移籍し、1年でプレミアリーグ帰還を果たした。流離いの問題児は、プロキャリアですでに延べ11クラブ目となる。なお、ワトフォードはミランのFWエムバイ・ニアングの獲得交渉も実質的にまとめ上げ、正式発表待ちの段階だ。
【関連記事】
【ミラン番記者】本田圭佑にとってデウロフェウ加入は「墓石」に等しい
スペイン複数メディアが柴崎の移籍に「合意間近」! ラス・パルマスは日本市場開拓も見据える
チェルシーの横槍で二転三転も、シャルケのコラシナツがユーベ移籍へ
【現地1月24日の主な移籍】ムンタリがセリエA、レスコットがプレミアに復帰!
欧州蹴球4コマ漫画 Vol.23「判定に不満爆発のアーセナルへ、悪童からまさかの皮肉が…」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ