スペイン複数メディアが柴崎の移籍に「合意間近」! ラス・パルマスは日本市場開拓も見据える

カテゴリ:移籍情報

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年01月23日

現地紙は「条件面で合意すれば、決定する」と報道。

2011年に鹿島へ入団した柴崎。移籍が決定すれば、在籍6年間で培った勝利のメンタリティーとテクニックを欧州の舞台でも発揮してくれるはずだ。 (C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 鹿島アントラーズのMF柴崎岳が、リーガ・エスパニョーラのラス・パルマス移籍間近であることを、スペイン紙『マルカ』やラス・パルマスがあるカナリア諸島の情報サイト『Canarias7』などが報じている。
 
 現地情報によれば、ラス・パルマスは今冬の移籍市場で地元出身者でもあるパリ・サンジェルマン所属のFWヘセ・ロドリゲスの獲得を目指していたものの、昨夏に移籍したばかりのロドリゲスに退団の意思はなく、交渉が難航していた。
 
 そこでラス・パルマスは、代理人を使って欧州挑戦を模索していた柴崎に白羽の矢を立てたという。マルカ紙は、柴崎獲得が「ラス・パルマスの日本での市場開拓とクラブのブランド力向上につながるものとして期待している」と伝えた。
 
 昨年12月に行なわれたクラブワールドカップの決勝で、レアル・マドリーを相手に2点を叩き出し、世界的に名を上げた柴崎。鹿島との契約は昨シーズン限りで満了となっているため、条件面で合意すれば、メディカルチェックを経て、本人が望んでいた欧州移籍が決まるという。
 
 現在リーグ戦で11位のラス・パルマスの中盤には、かつてミランで背番号10を着けていたケビン=プリンス・ボアテングやリーガ屈指のプレーメーカーとも呼ばれるロケ・メサなど実力者が揃っている。
 
 移籍後、すぐに出場機会に恵まれるかどうかは分からないが、その挑戦には大いに注目したいところだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月13日号
    1月23日発売
    2020年版
    J1&J2リーグ
    戦力充実度ランキング
    最新移籍情報を網羅!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ