玉田圭司が語る名古屋復帰の理由。不遇の昨季、引退の時期、復活への想いを激白!

カテゴリ:Jリーグ

小須田泰二

2017年01月11日

何とも言えない気持ちになった名古屋のJ2降格。

インタビューに応える玉田。名古屋入りの経緯や決断の理由について語ってくれた。

画像を見る

「ナイス、シュート!もっと狙っていこう!」
「いいチャレンジだね!自分から仕掛けよう!」
 
 1月8日、地元・千葉県のフットサルコートで、玉田圭司が始動した。この冬、玉田はセレッソ大阪を退団し、名古屋グランパスに3シーズンぶりに復帰する。そのニュースが流れたのは昨年末。12月29日のことだ。
 
 それから10日ほど経ったこの日、玉田は自主トレがてら、自らがプロデュースするサッカースクールの子どもたちと一緒にフットサルで汗を流しながら、新たなシーズンに向けて静かな闘志を燃やしていた。
 
 現在36歳。昨年12月5日にC大阪からの退団が発表されたが、まだまだやれる自信はあった。新天地を求めるなか、オファーしてくれたのがロアッソ熊本と名古屋だった。
 
「最初にロアッソ熊本からオファーがあって、それから数日してグランパスから声をかけてもらいました」
 
 一部報道ではジュビロ磐田からオファーもあったとされていたが、実際は前述の2クラブのみ。ただ、名古屋から話をもらった瞬間、玉田の心は決まっていた。他のオファーを待たず、彼は迷わず古巣を選んだ。
 
「オファーが来た時は、まったく迷いませんでした。即決でした。在籍年数も一番長かったクラブですし、いい時期を過ごした場所です。僕にとっては本当に特別なクラブですから。そのクラブに戻れるのは素直に嬉しいです」
 
 そんな愛すべき名古屋が、昨年11月3日にクラブ史上初めてJ2に降格した。ニュースを耳にしたとき、玉田はなんとも言えない気持ちになった。
 
「言葉にならないというか、ただただ、寂しかったですね。なにもできない寂しさというか。」
 
 一方、玉田が所属するC大阪はプレーオフへと進出し、京都サンガ、ファジアーノ岡山と戦い、悲願のJ1昇格を果たした。しかしこの大事な2連戦に玉田の姿はなかった。シーズン終盤はずっとメンバー外が続いていた。
 
「最後はピッチ外でしたけれど、チームが昇格できたことに関しては、本当に嬉しかったですね。でも試合に出られていたら、もっと喜びは大きかったのも正直な気持ちでした。個人的にはなにもチームの昇格に貢献できなかった。悔しい思いのほうが強かったですね」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ