W杯出場枠、2026年大会から「48」に正式決定! 気になる大会方式と日程は?

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年01月10日

気になる大会方式と日程は?

開催国枠の増大により、今まで陽の目を浴びてこなかったチームも世界戦に出ることが可能になる一方で、大会のクオリティーが低下することが懸念されている。 (C) Getty Images

画像を見る

 1月10日、国際サッカー連盟(FIFA)は、スイスのチューリヒにある本部で行なわれた理事会で、2026年ワールドカップから参加国枠を現行の32チームから48チームに拡大することを決定した。
 
 イギリス・メディア『BBC』によれば、ジャンニ・インファンティーノ会長が2016年2月の着任当初から目指してきた参加国数の増大が理事会の討論の中心となり、最終的に全会一致で1998年のフランス大会以来(24→32)となる参加国の拡大が決定したという。
 
 この決定で参加国数は48チームとなり、試合数は現行の64試合から80試合に増加。しかし、大会日程自体はこれまでと同様の32日間で行なうことも同時発表された。『BBC』は、これはクラブの過密日程を理由に、反対意見を挙げたヨーロッパ勢の声を抑えるためだと伝えている。

 気になる大会方式についてFIFAは、3か国ずつの16グループによる1次リーグを行なう形に変更し、決勝トーナメントには各グループ上位2か国の全32か国によって争われるものにすることを発表した。
 
 インファンティーノ会長は「ワールドカップに参加することよりも、強化に繋がるものは他にない」とした。
 
 また、FIFAは独自の分析結果として、この変更で収益が52億9000万ポンド(約7400億円)に増加すると予測している。
 
 この出場国枠の拡大により、ヨーロッパが16か国、アフリカが9.5か国、アジアが8.5か国、南米と北中米カリブ海が各6.5か国、オセアニアが1か国という割り当てになるという(0.5は大陸間プレーオフで争われる出場枠)と一部では伝えられている。
【関連記事】
マラドーナ、W杯出場枠拡大に賛成! 一方でメッシには苦言を…
C・ロナウドが「新恋人」を正式に初お披露目! いったい何者?
中田英寿からマラドーナ、美人妻、ハリウッド女優まで! FIFAアウォーズを彩ったスターたち
「ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ」の受賞者一覧
「オファーはいつでも待ってます」小野伸二が愛する古巣に熱烈メッセージ!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ