バロンドール受賞のC・ロナウド、喜びとともに残念な気持ちも吐露

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年12月13日

「正しいことをやろうと心掛けているだけに、とても傷付く…」

対照的な2つの事象で主役となったC・ロナウド。今、最も旬な男は、バロンドール受賞後最初の試合となる15日のクラブ・アメリカ戦で、どのようなプレーを見せるだろうか。写真は2003年受賞時。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間12月12日にバロンドール2016を受賞したC・ロナウド。レアル・マドリーではチャンピオンズ・リーグ優勝、ポルトガル代表ではEURO2016優勝と、2016年に2つのビッグタイトル獲得に貢献した彼が、予想通りに4度目の名誉を手にした。
 
 主宰者『フランス・フットボール』誌で、バロンドールのトロフィーを手にしたC・ロナウドの写真が掲載された表紙が事前に流出してしまうというトラブルもあったが、早い段階からどのメディアも、今年は彼で決まりと見ており、大きな驚きはない。
 
 チームタイトルだけでなく、個人としてもビッグタイトルを得たC・ロナウドは、フランスの『レキップTV』に対し、「とても光栄だ。再び夢が叶ったという気持ち」と語っている。
 
「この賞を獲れたのは、ポルトガル代表やマドリーがあったから。助けてくれたチームメイト全員に感謝している」
 
 このように喜びを表現したC・ロナウドだが、もうひとつの感情も吐露している。
 
「あの問題が、バロンドール受賞の喜びを台無しにしてしまったという思いもある」
 
“あの問題”とは、世間を騒がせている『フットボールリークス』によって浮上した、C・ロナウドの巨額脱税疑惑のことである。これによって彼は、身の潔白を証明するために自身の収入額をも明らかにする羽目となった。
 
「僕は何も悪いことはやっていない。いつも正しいことをやろうと心掛けているからこそ、こういった疑惑が出てくると、とても傷付く。こうした問題は、僕だけでなく、僕の家族にも悪影響を及ぼすことになる。息子はもう、学校にも通っているしね」
 
 そう語るC・ロナウドは、有名であるがゆえに、常に人々の興味の目に晒されることについても言及している。
 
「彼らが、僕のプライベートに興味を持つことは理解できる。ガールフレンドがいるのかいないのか、オフに僕がどこへ行くのか、とかね。でも時に、法律に関わるような深刻な問題に発展することがある。弁護士を立てなければいけないような」
 
「でも、遅かれ早かれ、いずれ真実は明らかになるはずさ」と締めたC・ロナウド。バロンドール受賞に際して喜びと苦悩を露にした彼だが、今はクラブワールドカップ制覇に向け、すでに頭と気持ちを切り替えていることだろう。準決勝のクラブ・アメリカ戦は12月15日に行なわれる。

フットボーラーの「美人すぎる」、「セクシーすぎる」妻&恋人たち

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ