C・ロナウドの「賞味期限」は? 最大の鍵はメンタル面だ

カテゴリ:メガクラブ

ティモシー・スモール

2016年12月14日

CR7は己の肉体の衰えと適応できているの?

鍛え上げたフィジカルを利したプレースタイルを最大の武器とするC・ロナウド。果たしてそのスタイルに限界は訪れるのだろうか? (C) Getty Images

画像を見る

 クリスチアーノ・ロナウドの“賞味期限”はいつまで続くか――。
 
 この問いに答えるのは簡単ではない。まずなによりも、何をもって「賞味期限」とするかを定めなければならないからだ。
 
 マスコミとマーケティングの世界で神格化された、別の惑星からやってきた超スーパークラックとしての「CR7」なのか。それとも、いま私たちが目にしている 31歳の、EURO2016で人々を落胆させ(優勝したとはいえ)、今シーズンもパッとしないプレーを続けている 「CR7」か。
 
 メンタル的な側面から見れば、彼は常に自らの限界を突き抜けて、その先を見ようとする男だった。最大のモチベーションが、リオネル・メッシとの永遠のライバル関係にあることは誰の目にも明らかだ。2011-12シーズンに、55試合で60ゴール(18 アシスト)という“馬鹿げた”数字を叩き出したのも、まさにその力によってだった。
 
 フィジカル的に見れば、常に破壊的な存在だった。爆発的なスピードとパワーで敵をぶっちぎり、あらゆるスキルを駆使してボールをゴールにねじ込んでいく。ドリブラーでも、ファンタジスタでも、ストライカーでもない。そのすべてをひとつの肉体のなかに押し込んだ、スーパーフットボーラーのプロトタイプのような存在――これが「CR7」の一般的なイメージだ。
 
 ただ、真に偉大なカンピオーネ(名手)であるために不可欠な資質は、それだけではない。年齢を重ねるにつれて重要性を増してくる別の資質がある。
 
 それは、自らの肉体の衰えと向き合い、それを受容する賢明さだ。己を知り、客観的かつ批判的に見つめ、その結果を認め、そしてピ ッチ上での振る舞いを変えていく。いわば自らをフットボーラーとして再構築する知性だ。
 
 それは口で言うほど簡単なことではない。しかしこれは、20年を超えるキャリアを通してトップレベルを保ち続けてきたフットボーラーたちすべてに共通する資質だ。
 
 となれば、私たちもこう問い掛けないわけにはいかない。はたして「CR7」は、自分の肉体の変化―つまり衰えだ―に、技術、戦術、そしてなによりメンタルの側面で正しく「適応」し、自らを再構築できるのだろうか?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ