【CS準決勝】敗戦に涙した大久保。チームの課題に「言い続けたけど結局は変わらなかった」

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2016年11月23日

「このサッカーで優勝したかった」

ピッチから引き上げる大久保。目には光るものが。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[Jリーグチャンピオンシップ準決勝]川崎0-1鹿島/11月23日/等々力
 
 チャンピオンシップ準決勝、鹿島に0-1で敗れた後、ピッチ上では涙を流す大久保の姿があった。
 
 最後まで1点が遠く、リーグ戦の年間勝点で大きく上回っていた鹿島に敗戦。目指していたタイトル獲得はまたも叶わなかった。
 
 試合後、大久保はチームの課題を口にした。
 
「自信がない。ミスを怖がる。自信があれば余裕は出る。縦パスが出てこないというよりはボールしか動かなかった。それでは相手のディフェンスは崩れない。ボールが動いて間に選手が入ってこないと相手の守備は崩せない。だから中盤にいたほうがシュートは打てた。相手の陣形を崩せていなかったから、ゴール前では厳しかった」
 
 縦に仕掛けずにサイドにパスを回し、相手の前でボールをつなぎがちだったチームの癖に大久保は警鐘を鳴らし続けてきた。
 
「直ることはなかった。人選の問題でもある。だから今シーズンは痛い目に遭った。今年言い続けたけど変わらなかった。もったいない。自分は改善するために言ってきた。ほかのチームに行ったらこれからは言うことができない。だからこういうことをチームに対して言える人が出てこないと普通のチームになってしまう。(今季の結果に関しては)他のチームが安定していなかったから。申し訳ないけど」
 
 大久保が厳しい言葉を投げかけるのはチームの成長を信じ、さらなる高みに行けるとの確信があったからこそ。だからこそ、悔しさも人一倍なのだろう。
 
「悔しいし、寂しい。このサッカーで優勝したかった。できるからこそ言ってきた。想いはあった」
 
 そう寂しそうに話した大久保の想いを結実させるチャンスは、あとは天皇杯だけだ。
 
取材・文:本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

【川崎 0-1 鹿島 CS準決勝PHOTO】 3位からの下剋上で鹿島が決勝進出!

11月24日発売号の特集は「J1&J2全40クラブの3大強化ポイント」をお届けします。またクラブダイジェストはJ2優勝で5年ぶりのJ1昇格を果たした札幌です。

画像を見る

11月24日発売号のサッカーダイジェストでは、クラブダイジェストでJ2王者の札幌を取り上げています。

画像を見る

【関連記事】
【CS準決勝】決勝点の金崎が団結を強調「石井さんを中心にまとまっていた」
【速報】川崎0-1鹿島|大久保号泣、試合巧者の鹿島が浦和との決勝へ進出!
【CS準決勝】ハリルホジッチ監督の視察は急だった!? 気になる“あの選手”にも言及
【選手権:出場校一覧】 京都橘が最終チケットを獲得。全48代表校が出揃う!!
CS記者会見で柏木、中村、植田の3選手が抱負。川崎対鹿島の準決勝は11月23日に開催

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ