【日本代表】ハリルの半端ない「デュエル」へのこだわり。柴崎や柏木は代表復帰できるのか?

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2016年11月19日

ハリルにとってデュエルの強さはいわば基本。

柴崎は代表に復帰できるのできるのだろうか。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 日本が2-1で勝利したサウジアラビア戦を取材したあと、ふと思った。今後、柏木、柴崎といったむしろ攻撃が得意なボランチはどうなってしまうのか、と。
 
 サウジアラビア戦での勝因のひとつは、組織的にまとまっていた守備だった。大迫、原口のプレスはもちろん、2ボランチの長谷部と山口のチェイシングやボールハントが4バックの負担を減らすという意味でも相当効いていた。
 
 オマーン、サウジアラビアと戦った11月シリーズ、ボランチとして招集されたのは長谷部、山口、永木、井手口の4人。細かい特徴はさて置き、いずれも1対1に強く、守備的な仕事を高いレベルでこなせる人材だ。これは、絶対に負けられないサウジアラビア戦で失点のリスクを極力小さくしたいという考えに基づいての人選という見方もできるだろう。
 
 ハリルホジッチ監督の根底にあるのは、“デュエル(決闘)の強さ”だ。最終予選の開幕前にインタビューした際も、指揮官はデュエルの重要性について熱弁していた。
 
「絶対に伸ばさなければいけない要素です。そのためにはトレーニングしかありません。筋力を強化するには頭での理解も大事です。本気でデュエルを向上させる気があるのか。フィジカルとメンタル、両方からアプローチをすべきです。
 
 クリスチアーノ・ロナウドの写真を見たことがありますか? 世界で一番、良い選手です。リオネル・メッシはどうでしょう? 小さくても、かなり筋肉があり、すごく力強い。
 
 EUROでは、アイスランド代表の戦いぶりが見事でした。日本よりも力が劣ると見なされていますが、フィジカルが全然違う。日本が試合をすれば、おそらく負けるでしょう。ハイレベルな舞台で戦いたければ、まずはアスリートになれと、私は常に言い続けています」
 
 ハリルホジッチ監督にとって、デュエルの強さはいわば基本。そこを改善できない場合、「我々は“プレーできません”」と断言していた。
 
「フットボールというスポーツはできますよ。でも、最終予選を突破できないか、本大会に進んだとしても、グループリーグで簡単に負けてしまうでしょうね。
 
 デュエルで勝てなければ、それなりの結果しか残せない。日本人選手には能力があります。でも、能力だけではダメなのです」

【日本代表PHOTO】サウジアラビア戦の美女サポーターたち♥

柏木の攻撃センスは捨て難い。デュエルの技術をさらに向上させれば代表復帰も? 写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ