【サウジアラビア戦戦評】ハリルのスタメン選びは“大博打”だったのか

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2016年11月16日

日本はここにきて“流れ”を引き寄せつつある。

サウジ戦で大きな勝利を収めたハリルホジッチ監督。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[ロシアW杯アジア最終予選]日本 2-1 サウジアラビア/11月15日/埼玉
 
 勝利が必須のサウジアラビア戦をモノにしたのだから、素直にチームを、ハリルホジッチ監督を称えたい。確かに勿体ない失点もあったが、最終予選で求められるのは内容以上に結果だ。グループBで首位のサウジアラビアをここで叩いた意義は大きい。
 
 ロシア行きのチケットを争うオーストラリアが格下のタイと引き分ける幸運もあり、日本は同グループの2位に浮上。ここにきて“流れ”を引き寄せつつある。
 
 サウジ戦で素晴らしかったのはまず、CFの大迫だろう。最前線でボールを収めるだけでなく、チェイシングで敵にプレッシャーをかけるなど攻守両面で効いていた。とりわけ絶妙なトラップでタメを作る技術が素晴らしく、そこからトップ下の清武に良い形で何度もボールを預けた点も見逃せなかった。
 
 攻守両面で効いていたのは、左ウイングの原口も同じだ。アグレッシブな上下動でメディア、観客を驚かせた40分のシーンが物語るとおり、このアタッカーのタフネスは称賛に値した。
 
 走って、走って、走りまくるプレースタイルは味方に勇気を与え、しかも終盤にはエリア内まで走り込んでゴールまで決めてみせた。こういう選手が増えてくれば日本のプレスは強化される、そんな印象を抱かせてくれるほどのインパクトがこの日の原口にはあった。
 
 セカンドボールを拾ううえで重要な役割を果たしていたのが、2ボランチの長谷部と山口だ。いくつか中央を突破されそうな場面はあったものの、狙いを定めた守備で相手の攻撃を封じていた点は評価していいだろう。
 
 この日の日本は、大迫、原口、長谷部、山口ら中盤から前の選手が首尾よくプレスをかけたことでサウジにほとんどチャンスを与えなかった。多くの局面で4バックが数的不利に陥らず、比較的落ち着いて対応できたのは前線からの守備が機能していたからに他ならない。
 
「今日は僕だけじゃなく、(守備が)あまり得意じゃないキヨ君(清武)も頑張っていたし、全員がやったからボールを奪えた。そういう意味でチーム全員が頑張った、良いプレーをしたなと思う」
 
 原口のコメントからも、守備への手応えは窺えるだろう。

 
【関連記事】
【日本代表】原口はいったい何キロ走ったのか。感動すら覚えた“諦めない走り”
【日本代表/この一枚】玄人筋をも唸らせる“大迫の凄さ”を捉えた決定的瞬間
【セルジオ越後】本田は「リトル本田」のまま。原口と大迫が“看板”なんて重要でないと証明したね
金田喜稔がサウジアラビア戦を斬る!「勇気ある采配を見せたハリル監督に拍手を送りたい」
【日本代表】原口の「魂の激走」は全国民の心を打ったに違いない

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月15日発売
    カタールW杯展望
    列強9か国
    登録「26人」完全予想
    必見タレント図鑑も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ