【松木安太郎の視点】大迫や清武だけじゃない!彼らを輝かせた齋藤も秀逸だった

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年11月12日

清武と大迫のコンビは、実に良い!ただ、齋藤がいたことで、周囲が楽にプレーできたのも見逃せない。

写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 オマーン戦は新戦力に注目していたんだけど、みんな良いパフォーマンスを見せたね。永木亮太や齋藤学はしっかり仕事ができたし、途中交代の小林祐希も点が取れた。ハリルホジッチ監督が試したいことは、できたゲームだったと思う。
 
 なかでも素晴らしかったのが、2得点を挙げた大迫勇也だ。ボールキープできるし、パスも出せるし、一発で前を向くこともできる。前線で起点になれる選手は、やっぱり貴重。オマーン戦の大迫は、良い評価を得たと思う。
 
 1点目も素晴らしかったけど、2点目は本当に難しいゴールだ。ボールを受けるための予備動作から相手をかわしてシュートを打つまでの一連のプレーを見ても、コンディションの良さを感じた。大迫の出来は、ハリルホジッチ監督にとってはすごく大きな収穫だったはずだ。
 
 オマーン戦でのパフォーマンスから考えると、サウジアラビア戦では大迫を先発で使う可能性が高いだろう。サウジ戦に備えて前半で代えるつもりだったかもしれないけど、2点取っているからハットトリックを狙わせたのかもしれない。
 
 清武弘嗣と大迫の“ホットライン”が開通したのも興味深い。1点目は清武のクロスに大迫がヘディングで合わせたもの。2点目は、清武が本田と絡んで相手を引き付けてから良いパスを出して、大迫が仕留めた。ダイレクトでのパス交換が入って、相手のディフェンスラインを崩した。動きの中で相手を混乱させた良いゴールだったよ。
 
 大迫は闇雲に動くのではなく、出し手の状態も見ているからパスが出しやすい。そして、清武はそれを見逃さずにラストパスを出せる。清武と大迫のコンビは、実に良いね。
 
 ただ、齋藤がいたことで、周囲が楽にプレーできたのも見逃せない。齋藤がドリブルで仕掛けてくれるので、それで空いたスペースを清武が上手く使えたし、サイドバックが入り込んで機能する場面もあった。齋藤がスペースを作っていたイメージだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ