【宮本恒靖インタビュー|前編】なぜ育成現場から新たな挑戦をスタートさせたのか?

カテゴリ:Jリーグ

川原 崇(高校サッカーダイジェスト)

2016年11月07日

「スタートさせるならガンバで、というのはありました」

中学生の指導を経て、現在は名門・G大阪ユースで監督を務める。写真:川原崇(高校サッカーダイジェスト)

画像を見る

 ガンバ大阪、レッドブル・ザルツブルク、そしてヴィッセル神戸でキャリアを積み上げ、日本代表の主将として2度のワールドカップ出場を果たした。現役引退後もFIFAマスター入学やテレビ解説、さらには専門誌編集長を務めるなど話題に事欠かなかった稀代のサッカー人、宮本恒靖。40代を目前に控えたいま、彼は指導者として研鑽を積んでいる。

W杯予選サウジ戦に向けた日本代表メンバーを発表!

 ガンバ大阪の13歳チームの指導を経て、今春にはかつて自身も籍を置いたユースチームの監督に就任した。なぜ彼は、育成畑から指導キャリアをスタートさせたのか。直面する苦悩と葛藤、思い描く将来図とはいかなるものなのか。そして観察眼に優れる男は、ワールドカップ予選を戦ういまの日本代表をどう見ているのか──。
 
 ツネイズム、2016年アップデート版をお届けする。

―――――――――――◆―――――――――◆――――――――――――

サッカーダイジェスト(以下SD) 昨年1月に古巣のガンバ大阪に指導者として帰還しました。およそ1年間はジュニアユースで13歳の選手たちを教え、今年の春からはユースチームの監督を務めています。そもそも、なぜ指導者の道に進もうと考えたのでしょうか。

宮本恒靖(以下TM) もっと日本でサッカーが大きな存在になってほしい。自分の中で基軸としてあるのが、そんな想いです。そのために自分になにができるか。いまは身体が動くし、自分のプレーヤーとしての経験を伝えられるのはひとつの強みやと思うんです。自分自身も指導者をイメージしながらキャリアを作ってきたところもありますし、そこをいまはやりたいと思ってます。

SD 指導キャリアのスタート地点はさまざまです。やはりガンバへの愛着が強かった?

TM スタートさせるならガンバで、というのはありました。

SD なぜあえて、育成年代から始めようと考えたのでしょうか。

TM 本格的に指導者を目指すとして、どういうスタートがいいのかはよく考えました。何人かの方に相談もしたんですけど、育成のところを経験したほうがいいという意見は多かったですね。去年「13」を見て、今年は「18」を指導しています。実際に現場でいろいろ感じるものもあるし、公式戦やJユースカップのような大会に来れば、例えば運営面で勉強になることもある。そこにいるからこそ分かる部分ですよね。立場が変われば視点も変わりますから。

SD この年代のチームを率いる指導者は、つねに結果と育成のバランスを考えなければいけません。難しさは感じますか?

TM それはあります。分量に違いはありますけど、じゃあ13歳は勝たなくていいかと言えばそれは違うと思うし、選手も僕も勝ちたいわけで。育てるほうに重きを置くのは何割かとか、いろいろ試行錯誤しながら取り組んでますね。

SD 例えばツネ監督は、試合前のミーティングで選手たちにどんな言葉をかけるのでしょう。

TM 試合前ですか? 短いですよ。心構え、自分たちがこの試合でやるべきこと、個々にやってほしいこと。で、締めて終わり。そんな感じですよ。

SD テレビ解説でも本領を発揮していましたが、伝えたいことを噛み砕いて説明するのが得意ですよね。そのあたりはスムーズなのでは?

TM いやそれはまた違いますし、まだまだですよ。もっと分かりやすくというか、どう話せば選手に落とし込めるのかについては、もっと磨いていかなあきませんね。

SD ご自身はディフェンダー出身です。例えばフォワードの選手にはどんなアドバイスをするのですか?

TM ディフェンダーとしてはこういう動きをされたら脅威に感じるとか、逆に怖くないとか、そういう目線で話す時もあれば、これまでの経験や解説者として分析してきたなかで積み上げた考えを、伝える時もありますね。

SD なにか特別な指導メソッドを取り入れているとか? モウリーニョやグアルディオラだったり、バルセロナの教本を参考にしたりとか。

TM これっていうのはなくて、もうすべてですよ。いろいろ経験してきたもの、ごちゃまぜですね。ユース時代の指導者やった上野山(信行)さんに始まり、ヘルト、クゼ、アントネッティ、早野(宏史)さん、西野(朗)さん、トラパットーニ。それに日本代表のトルシエやジーコもそう。全部見てましたから。18歳の時にこういう練習やったなぁとかいまでも覚えてますし、いずれは指導者に、と思い描きながら練習メニューとかを見ていたところも少なからずあるので。
 
【関連記事】
【高校・ユース勢力図】今季J1主力選手を最も輩出したチームは? 高校では国見と流経大柏がトップ10にランクイン
【日本代表】初招集の井手口が〝あの選手゛に果たし状。「似ている選手なので、負けたくない」
【日本代表】トップ下候補の小林祐希。香川や清武との争いは「楽しみなミッション」
フランス人指揮官もJ「王者」決定方式に疑問。「浦和がチャンピオンだ」
【対戦相手の証言】元日本代表MFの橋本英郎が指摘する久保建英の“攻略法”

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月18日発売
    クローズまで残り2週間!
    夏の移籍マーケット
    最終盤展望
    土壇場で動く大物は?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ