”移籍金ゼロ”の齋藤学に川崎からオファー?本人は欧州行きを強く希望か

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2016年11月01日

横浜愛は変わらないとはいえ…。

Jリーグで圧倒的な存在感を放つ齋藤。ロシアW杯行きを実現するためにも、本人は欧州移籍を望んでいるようだ。写真:田中研治(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 今年の夏も欧州移籍が噂されたが、結局は動かなかった。興味を示すクラブがなかったわけではない。しかし「違約金の発生」や「国際舞台でのアピール不足」がネックとなり、具体的な話に発展しなかったのかもしれない。
 
 ただ、移籍への障壁となっていた上記2点は、多少なりとも緩和されたはず。今年は複数年契約の最終年であり、延長しなければ〝ゼロ円〞で移籍できる。また、試合には絡めなかったものの、10月のワールドカップ予選に招集され、日本代表の肩書を得ているのも好材料のひとつだろう。
 
 今季はJリーグで圧巻の存在感を示しており、本人も選手として次のステップに進みたいと考えていてもおかしくない。ヨーロッパに活躍の場を移し、そこでアピールできれば、欧州組を重用する傾向にあるハリルホジッチ監督の目にも留まりやすくなり、代表定着も夢ではなくなるか。

 一方、正式オファーを出したと言われる川崎行きの可能性もゼロではない。本人が川崎市出身とあって、選択肢のひとつに入れていたとしても、おかしくはないだろう。
 
 強い〝横浜愛〞は変わらないとはいえ、26歳という年齢を考慮すると、これがラストチャンス。魅力的なオファーが届けば……。その動向に注目だ。
【関連記事】
【仲介人に訊く移籍市場|Part1】10年2100億の放映権契約で、Jクラブはどう動くのか?
【鳥栖】兵役対応のためにクラブを去るキム・ミヌ。苦境の度に繰り返す「仕方ないですね」に込められた熱い想い
森﨑浩司が兄・和幸に送った最大の賛辞――「お前には全然追いつけなかった。昔も今も最高の選手は…」|引退セレモニー全文
【セルジオ越後】“5大会ぶり”に惑わされてはいけない。今のU-19代表に、俊輔や小野、香川はいるの?
大久保も感謝する風間八宏の教え。プロ選手にも目から鱗だった「フリーの定義」とは?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ