【仲介人に訊く移籍市場|Part1】10年2100億の放映権契約で、Jクラブはどう動くのか?

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2016年10月28日

魅力的なクラブを作り、リーグの活性化へ。 一方で、「クラブ格差」が広がる可能性も…。

リーグを活性化するために、各クラブは分配金をどれだけ強化に充てられるか。「クラブ格差」が生じる可能性もある。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 Jリーグは来季から分配金を増額し、さらに外国人選手の登録枠も拡大する。これらの〝変革〞は、移籍マーケットにどのような影響を与えるのか。国内外の事情に精通するエージェントの田邊伸明氏に話を訊いた。

―――◆―――◆―――◆―――

 Jリーグは、スポーツデジタルコンテンツ事業を展開する英国の『パフォーム・グループ』と10年間で約2100億円の放映権契約を結びました。それに伴い、来シーズンからクラブへの均等分配金と賞金が増額され、強化分配金と降格救済金が新たに創設される。リーグを活性化すべく、「魅力的なクラブ」を作るための素晴らしい試みだと思います。
 
 では、「魅力的なクラブ」とは何か。それぞれの立場によって魅力の定義は異なりますが、ファン・サポーターにとっては良い選手や良いプレーが見られる、選手にとってはチーム が強い、年俸が高いなどが挙げられます。ここでひとつのポイントとなるのが、増額される分配金をどれだけ強化に使えるか。ハード面の充実を優先するクラブもあれば、中・長期ビジョンで下部組織の指導者やスカウトといった育成面を重視するク ラブもあるでしょう。
 
 例えばヨーロッパでは、チャンピオンズ・リーグ(以下CL)の本選出場クラブには10 億円以上の報酬(大会参加ボーナス)が分配されます。その使用用途は、やはり補強。魅力 的なクラブを作るうえで手っ取り早い方法のひとつが、〝スター〞を連れてくることです。
 
 Jリーグの活性化――今まで関心のなかった人に興味を持ってもらううえで、〝スター〞は分かりやすいアイコンです。これまでスタジアムに一度も来たことがない人、あるい はテレビでサッカーを観たことがない人を振り向かせるためにも、そういう存在は極めて重要でしょう。
 
 Jリーグ創設当初のジーコがまさにそうでした。だから、分配金を外国人選手の獲得に使うのは「魅力的なクラブ」を作るうえで有効な一手になるはずです。
 
 ただ、世界中の誰もが知っているような現役のビッグスターをJリーグに連れてくるのは、いくら分配金が増額されるとはいえ、難しいのが現状です。
 
 分配金の増加で見直すべきは、日本人選手の年俸かもしれません。海外から超大物を引っ張ってこられなければなおさらです。つまり、年俸を引き上げて選手のモチベーションを今以上にアップさせれば、リーグの活性化につながるという考え方も必要だということです。良い仕事をしたら、それに見合う給料をもらうのがプロとしてあるべき形ですから。日本人選手の年俸をアップしたうえで、優秀かつ安価な外国人選手を獲得できれば理想的でしょうか。
 
 Jリーグはこれまですべての放映権料を均等分配し、選手も平等に獲得できるよう1年目の年俸の上限を設定(プロA契約の年俸は700万円未満)していました。しかし今後は、強くて魅力のあるクラブにたくさんお金が入り、魅力に乏しいクラブにはお金が入らなくなる。いわゆる「クラブ格差」が生まれます。
 
 特に『DAZN(ダ・ゾーン)』 はネットを利用したIPTVサービスですから、どのクラブがどれくらいの人に視聴されているのか、より具体的に分かることになります。近い将来、視聴者数の多いクラブ順に、より高額が割り当てられる仕組みが作られるのではないかと思います。分配金の増額は、魅力的なクラブを作り、リーグを活性化するのが目的ですから、「自由競争」は避けて通れません。
 
 しかも自由競争によってクラブの差別化が行なわれると、同時にクラブ内で選手の差別化も進みます。つまり、リーグ全体も含めて選手の年俸の格差がさらに広がっていくこと が予想されます。このモデルケースはヨーロッパにあるので、比較的イメージしやすいのではないでしょうか。ひいては、新入団選手の契約制限の見直しや撤廃にも話は及ぶかもしれません。
 
 この「格差」を各クラブがどう考えるかが、Jリーグの次なるステップにおいて必要なことだと言えます。

解説●田邊伸明(日本サッカー協会登録仲介人)
PROFILE たなべ・のぶあき/1966年、東京都生まれ。ジェブエンターテイメント代表取締役。稲本潤一(札幌)、大久保嘉人(川崎)、槙野智章(浦和)、森脇良太(浦和)、浅野拓磨(シュツットガルト)、橋本拳人(FC東京)らと契約する。日本エージェント界の草分け的人物である。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ