【川崎】中村憲剛が感じる確かな進化。新たにチームが「身に付けてる」ものとは

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2016年10月30日

今シーズンは要所で勝点を取り逃し、勝負弱い印象は否めなかったが…。

鹿島戦では、中村(14番)を中心としたスムーズなパス回しは見られなかった。それでも無失点に抑え、勝点3を獲得した。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

[J1第2ステージ16節]鹿島 0-1 川崎/10月29日/カシマ
 
 辛勝――。

【鹿島 0-1 川崎 PHOTO】森本のゴールで川崎が難敵鹿島に勝利。年間1位に望みをつなぐ
 
 鹿島戦は、まさしく辛くも勝った試合だった。この日の川崎は、序盤こそボールを保持したが、攻撃のアイデアを欠きすぐさまトーンダウン。4-4-2にシステムを変更し、サイド攻撃から若干押し返す時間帯はあったものの、自慢の細かいパスワークは鳴りを潜め、守勢を強いられた。

 キャプテンの中村は、「前半から、なかなか3-5-2で優位性を掴めなかった。それはやっぱり、向こうのプレス(が速かったこと)もありますし、こっちの距離感(が悪かったこと)もあった」と原因を語る。
 
 テンポの良いパスで主導権を握るスタイルは出せなかったが、それでもチームは、途中出場の森本貴幸が決めた1点のリードを守り抜き、勝点3を獲得。年間勝点1位に望みをつないだ。
 
「我慢という言葉が最近よく出るんですけど、今日もそんな感じでした。向こう(鹿島)は、かさにかけて攻めてきましたし、若干『しょうがない』というところはあった」(中村)
 
 今シーズンを振り返れば、第1ステージの優勝が懸かった16節の福岡戦(△2-2)で安易に失点し勝点を取りこぼしたり、第2ステージでは、8節の鳥栖戦(●0-1)、10節の柏戦(●2-5)、12節の大宮戦(●2-3)、14節の神戸戦(●0-3)と、ポロッと黒星を喫するなど、勝負弱い印象は否めなかった。
 
 しかし、前節の広島戦では、出足の鋭いプレスに苦戦し、何度もピンチを迎えながら無失点に抑え、最後に2得点を奪い勝ち切るという、まさに〝我慢″の試合を制すなど、この最終盤に来て勝負強さが芽生え始めている。
 
「ここから1戦1戦の戦いになってくるので、そういう『しぶとさ』を自分らが身に付けてるというのはすごく大きいことだと思います。内容ももちろん求めたいですけど、今は結果が一番大事。今日だって、引き分け以下だったら年間勝点1位も取られてました。そこの意地、この1点を守り切ろうという連帯感はすごくあった。〝らしくない″とか言ってる場合じゃない」
 
 リーグ戦終盤にきてチームに〝しぶとさ″が身についていると手応えを語り、結果が重要だと認識する中村だが、もちろんそれだけでは勝てないことも理解している。
【関連記事】
【J1採点&寸評】鹿島 0-1 川崎|川崎が“年間1位”に望みをつなぐ完封勝利! ビッグセーブ連発のGK新井がMOM
【川崎】小林悠の負傷に中村憲剛が「痛すぎる」と嘆く一方で……
【川崎】風間監督に新たな〝悩み″!? 新井章太が示す存在感
【鹿島】CSは2強+1弱? まさかの3連敗で浦和と川崎に引き離された常勝軍団に何が起こっているのか
【鹿島】CS前哨戦で露呈した“常勝軍団”の課題に、「一番の問題は…」とレジェンドが助言

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ