【浦和】湘南・岡本の来季復帰が濃厚。下部組織出身組の融合が新シーズンのテーマに?

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2016年10月29日

第2ステージは右ストッパーの主力を務める。1年のレンタルを経て、古巣で勝負を挑む。

プロ選手になって初めてJ1でコンスタントに試合に出場。来季は勝負の1年になる。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 湘南ベルマーレのDF岡本拓也が、来季、浦和レッズに復帰することが確実となった。今季1年間、期限付き移籍をしていた。
 
 岡本は宇佐美貴史や柴崎岳らと09年のナイジェリア・U-17ワールドカップに臨んだ“プラチナ世代”のファイタータイプのディフェンダー。一度食い付いたら離さないしぶとい守備と、アップダウンを怠らない献身性や運動量が武器だ。
 
 埼玉県さいたま市の出身で、ジュニアユース、ユースと浦和の下部組織で育てられて、10年にはトップチームで2種登録ながら一時4バックの右SBとしてレギュラーの座を掴み、計9試合に出場した。
 
 しかし11年にトップ昇格を果たしたあとは出場機会に恵まれず、怪我による戦線離脱も重なった。それでも13年途中から14年まで期限付き移籍した長崎では、右サイドバックの不動のレギュラーとして、チームを上位に導く活躍を披露。15年に浦和へ復帰し、今季は再び湘南に期限付き移籍していた。
 
 湘南ではリーグ戦22試合に出場。第2ステージ途中からは、右ストッパーのレギュラーの座を掴んでいた。
 
【湘南敗因検証】J1はロマンだけでは生き残れない。降格を“予兆”した指揮官の言葉

 湘南も貴重な戦力として来季残留を希望していたが、ストッパーとウイングバックを務めることができて守備力も高い貴重なタレントとあって浦和も復帰を要請してきたという。

 湘南はリーグ戦のあとも天皇杯があり、岡本も“元日・決勝”に向けて全力を尽くす。
 
 来季の浦和は、同じく岡山にレンタル中の矢島慎也の復帰も濃厚だと言われる。下部組織出身組が再び“古巣”に戻り、現有戦力との融合を図れるか――それが浦和にとって来季のテーマになるか。岡本にとっても、勝負の1年になりそうだ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ