【浦和】武藤の優勝決定ゴールは、「ちょっと恥ずかしい」槙野のおまじない効果? 

カテゴリ:Jリーグ

塚越 始(サッカーダイジェスト)

2016年10月29日

ファーサイドで待っていた“動き”を修正。ゴールに向かう意識を強める。

決勝ゴールの武藤が、『武藤ポーズ』で勝利を喜ぶ。写真:徳原隆元

画像を見る

[J1第2ステージ16節] 磐田 0-1 浦和 /10月29日/ エコパ
 
 一方的に攻め込んでいるものの、磐田ゴールを攻略し切れない。その均衡を破ったのは、浦和のナンバー「9」武藤だった。
 
 72分、槙野のボール奪取から反撃に転じると、武藤、李、駒井とパスを展開。そして駒井が右サイドを縦に抜けてクロスを放つ。中央に駆け込んでいたのは、先ほどまで自陣にいた武藤だ。
 
 武藤は後ろに下がりながらもDF藤田のマークを外して、「しっかりボールを(ヘッドで)捉えられた。いいコースにボールが飛んでくれた」という技ありのヘディング弾で、決勝点をねじ込んだ。
 
 その予兆というべきか、ハーフタイムには槙野から『お前が点を取るように』と、おまじないをかけられたという。ただ、どんな内容のおまじないだったかは……武藤によると、「槙野さんが、ふざけていただけだと思うんで、恥ずかしくて言えないです……」と顔を赤らめた。
 
 チームにとっても、武藤にとっても、大きな意味を持つ「1点」にはなったのは間違いない。武藤は安堵したように言う。
 
「最近は良いプレー内容をあまり見せられずにいた。今日はゴールに向かう姿勢を見せていきたいと思っていた。それが上手くゴールにつながったと思う」
 
 前半はウイングバックがボールを持てば、ファーサイドでクロスを待っていたという。「でも、(ボールが)届かないシーンが多く、中に入っていこうと思ったところ、駒井からいいクロスが来た」と、よりゴールを意識したことが、求めていた「結果=ゴール」にもつながった。
 
「優勝の懸かった試合であり、苦しい試合。勝利を導くゴールを決めたいと思っていたので嬉しく思う。ただ優勝を目指していくのであれば、(チャンスは多かっただけに)2点、3点と決められるチームにならないといけない」
 
【磐田 0-1 浦和 PHOTO】浦和が武藤の決勝点で第2ステージ制覇! 磐田はホーム最終戦を飾れず。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ