【湘南】「曺さん、どうにかしてくれ!」「俺にばかり頼るな」――山田直輝が語ったJ2降格の要因とは

カテゴリ:Jリーグ

古田土恵介(サッカーダイジェスト)

2016年10月25日

「選手たちは“湘南スタイル”を体現できていなかった」

自身のシュートがこの試合のラストプレーに。山田(写真右)は、主審の笛がなるとしばらくその場にうずくまった。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1第2ステージ15節]大宮 3-2 湘南/10月22日/NACK
 
「1分でも、10秒でも、時間さえあればすぐに立ち上がって戦うつもりだった」
 
 90+5分。「人数をかけていて、高さのない僕が混み合っているなかに入ってもダメ」と大外で待ち構えていた山田直輝の元に、高山薫のクロスが飛んできた。
 
 自身のヘディングシュートが枠から外れ、主審が試合終了を告げる笛を鳴らすと、山田はその場にうずくまった。「ただ、そこに少しだけ止まっていた時間があっただけ」。そう話した彼の胸中は察するに余りある。
 
 たとえゴールしていたとしても、同点にしかならなかった。同時に、J1残留が絶たれる意味も持っていた。勝点3獲得以外に生き残る道はない。それでも……。
 
 追い付いてのJ2降格と、敗戦でのJ2降格では大きな隔たりがあるはず。「決めなきゃいけない気持ちが強くて、少し焦りが出てしまった」のは、その差を理解していたからだろうか。
 
 振り返れば、来季の戦うステージをひとつ下げなければならないのは、多くの黒星を重ねてしまったからである。特に、第2ステージ3節・鳥栖戦から12節・福岡戦までの10連敗は痛恨だった。
 
 山田も、良いトレーニングが良い結果につながらないジレンマを抱えていたことを吐露している。
 
「馬入ではできていることが、試合になるとできなくなる。公式戦のプレッシャーだったり、勝てていないこと、負け続けていることがプレッシャーになっていたんじゃないかなと。
 
 その期間(5節・仙台戦から12節・福岡戦まで)に僕は休んでいたし、外から眺めていて、『サッカーを楽しまないといけない』とみんなに伝えられればいいと思っていた。
 
 少しずつ伝播した気がするけど、その時には時すでに遅しという感があった。もっと早く気が付いて、チームで『公式戦でも楽しまないと』という雰囲気が出ていれば……。それが今季の成績に直結したのかな」
 
 勝利が遠ざかることでプレッシャーが強くなり、勝ち星はさらに掌からこぼれ落ちていく。まさに悪循環のなかにチームは立たされていた。J1残留のノルマは、真綿のようにジワジワと自分たちの首を絞める。
 
「勝たないといけないから、『ボールを失いたくない』『自分がミスをしたくない』という気持ちが出ていた。曺さん(曺貴裁監督)は『馬入でやっていることを出せばいい』と言っていた。
 
 でも、それとは反対に、選手たちは“湘南スタイル”を体現できていなかった。ただボールを蹴って、闇雲に走る。それを拾われてしまい、カウンターを受けてしまう」

【大宮3-2湘南 PHOTO】湘南、必死の追い上げも実らず大宮に敗れ、無念の降格

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ