【日本代表】面白みのない招集リスト。ハリルと本田のコメントから浮かび上がるタレント不足

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2016年09月30日

新たなスターが生まれないかぎり…。

所属クラブで出番のない本田、宇佐美を招集すべきだったのか。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 タレント不足──。10月のワールドカップ予選に臨むメンバー26人の顔ぶれを見て、そんな印象を抱いても不思議はないだろう。

【日本代表PHOTO】イラク戦、豪州戦に向けたメンバー26人

 なにしろ、所属クラブでサブ扱いの選手(本田、香川、岡崎、清武、宇佐美、長友、吉田、川島など)がハリルホジッチ監督の言葉を鵜呑みにすれば「12人」もいるのだ。鹿島の永木が初招集されたとはいえ、面白みのないリストと批判されても致し方ない。
 
 「リストを作るのは難しかった」というハリルホジッチ監督は、その苦悩を次のように述べている。
 
「先発で出てない選手がいるわけですが、普通の基準で行けば呼べないわけです。しかし、川島、長友、吉田、長谷部、香川、清武、本田、岡崎、宇佐美、武藤。そういった選手を除けてしまうと、だれを交代しますか。かなり難しいですよね。だから、そのような選択は私にはできないということです」
 
 横浜の齋藤、川崎の中村などJリーグで活躍している選手よりも、出番に恵まれていない欧州組のほうが上……。こうした現状が、タレントの枯渇を物語っているのではないか。日本代表の苦しい現況を、9月シリーズの時に本田はこう言っていた。
 
「今の状況って、海外である程度試合に出ていたら日本代表でレギュラーになれる。例えば、毎年100人ぐらい日本から(海外に)行くと。それで海外にレギュラーは50人いると。そこから誰を選べるかというのが、例えば南米なんです。
 
 僕の経験上、ブラジル人がいないクラブはないんで。でも今はね、僕ら含めて海外である程度レギュラー争いしている選手であれば、よほどのことがないかぎりは代表に呼んでもらえる。(理想は)海外で活躍するのがむしろ当たり前というプレッシャーのなかでやっていく。そういうところだと思います」
 
 「海外である程度試合に出ていたら」というより、もはや海外で試合に出なくてもレギュラーになれてしまうのがハリルジャパンの現状だ。今に始まったことではないが、看過はできない。本田、長友、岡崎ら北京五輪世代に頼り、若い世代の大きな突き上げがないまま日本は徐々に弱体化しているようにも見える。
 
 久保(建英)くんをA代表に──。さすがにそれは非現実的な話だが、そんなことを思ってしまうほど日本は厳しい状況にあるのではないか。新たなスターが生まれないかぎり、日本に明るい未来はないだろう。

9月21日発売号のサッカーダイジェストの特集は「日本はワールドカップに辿り着けるのか」。ハリルジャパンの危機説を、「本当に日本は弱くなかったのか?」など“10の論点”から検証します。ルーツ探訪では小林祐希選手が登場。

画像を見る

【関連記事】
【セルジオ越後】また本田や香川を先発させるの? 時差ボケの海外組より国内組のほうが機能するよ
【ハリルジャパン】10月シリーズに挑む26人のポジション別序列。トップ下とCFに“異変”。激戦区の左ウイングで最適解が見つかる?
【イラク戦の予想スタメン】本田、香川、岡崎ら“冷遇中”の欧州組に頼るのはリスキーだ
最終予選で日本代表に呼ぶべき選手は?「373人」の投票結果をランキング形式で紹介
監督はハリルホジッチでいいのか? 続投or解任を問う
【日本代表】ロシア・ワールドカップへの厳しい道のりを示す“いくつかの根拠”
【日本代表】金崎がまたしても落選。ハリルホジッチ監督は言及せず…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ