【セルジオ越後】久保建英で“稼ごう”としている日本メディア。4年後を見据え、スターを作ろうとする風潮はどうかと思うよ

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェスト編集部

2016年09月23日

準々決勝で負ければ、これまでの戦いはすべて意味がなくなる。

U-16アジア選手権で、日本は久保の活躍もあり、グループリーグの3試合で全勝。盤石の強さで決勝トーナメント進出を決めた。(C)J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

 来年のU-17ワールドカップ出場を懸けて、インドでU-16アジア選手権が行われているね。森山監督率いる日本は、ベトナムとの初戦で7-0の大勝を収めて好スタートを切ると、続くキルギス戦は8-0、グループリーグ最後のオーストラリア戦も6-0と無傷の3連勝を飾り、決勝トーナメント進出を決めた。
 
 3試合を終えて、計21得点を奪い、失点はゼロ。この年代ではオーストラリアがそこまで強くなかったのは予想外だとして、日本からすれば難しいグループではなかったと思うし、言うなれば、順当な結果だよね。
 
 ただ、これで日本の強さを評価するのではなく、アジア全体ではまだまだ格差があるということが改めて分かっただけのことじゃないかな。A代表のロシア・ワールドカップのアジア2次予選もそうだけど、結局は、鎬を削り合うような国は、数える程度しかないんだ。
 
 他のグループを見ても、わりと実力の差がはっきりしている。韓国が予選落ちしたのは意外だったけど、ホームアドバンテージを得ている開催国のインドにしたって、グループAの最下位に終わってしまった。育成年代の全体的な底上げが必要というか、力が劣っている国にはもっと必死になって強化してほしい。このままではアジアのレベルも上がっていかないだろうし、それは良い傾向とは言えない。
 
 堂々のグループリーグ1位を決めた日本は、これから負けたら終わりのノックアウトステージに挑むことになる。ワールドカップの出場権を得るためには、上位4か国に入る必要がある。準々決勝で負けてしまえば、これまでの戦いはすべて意味がなくなる。本番はこれからだよ。
 
 2年前の前回大会では、日本はベスト8で韓国に0-2で敗れ、5大会ぶりに予選敗退となった。それだけに、負の連鎖を断ち切るためにも、今回は世界行きの切符を掴み取ってほしいよね。
 
 25日に行なわれる準々決勝の相手は、UAEだ。彼らはグループを2位で突破しているとはいえ、油断はできない。ここまでの3戦で戦った相手より明らかにレベルは上がっているのは間違いない。浮足立たずに、気持ちを切り替えて、この大事な一戦に臨んでほしいよ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月10日発売
    引退記念特集
    ありがとう! 内田篤人
    骨太キャリアを完全収録
    J1&J2全クラブ戦力チェックも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ