久保建英のすべて<4>――「将来はイニエスタのような選手に」(元スペイン代表・フラン)

カテゴリ:高校・ユース・その他

サッカーダイジェスト編集部

2016年09月17日

「タケは1年前と比べてずいぶん成長していたよ」(元チームメイトの少年)

FC東京でも飛び級でU-18に在籍。今夏のクラブユース選手権優勝に貢献すると、9月16日にはトップチームに2種登録された。Jデビューに期待が高まる。写真:石倉愛子

画像を見る

 バルサは今も、順調に成長を続ける久保を見守り続けている。現在、カンテラのトップに立つのは、ジョルディ・ロウラとアウレリ・アルティミラだ。彼らは定期的にスタッフを日本に派遣し、久保の成長ぶりをチェックしているのだ。
 
今年4月、久保は1年ぶりにバルセロナへと戻った。2週間の滞在中には、クリスティアン・カテナ監督率いるカデーテB(15~16歳のカテゴリー)の元チームメイトたちと一緒に練習もしている。その中のある少年は、こんなふうに話してくれた。
 
「タケは1年前と比べてずいぶん成長していたよ。フィジカルが強くなったけど、あのスピードも失っていない。ボールを持った時は、相変わらずスペクタクルだったしね」
 
 スペイン・サッカー界が生んだ有数のタレントであるフラン(デポルティボ・ラ・コルーニャで活躍した元スペイン代表MF)は現在、マンチェスター・シティのスタッフとして、ジョゼップ・グアルディオラ監督の下で働いている。彼の息子ニコは、久保と同じ世代だ。
 
 息子とともに久保の成長過程も見てきた数少ない存在であるフランは、この日本人アタッカーの将来の成功を確信している。
 
「確かに、まだ何かを言うのは早い。なぜなら、若手がプロの世界で成功できるかどうか、それがはっきりと見えてくるのは、少なくともフベニール(17~20歳のカテゴリー)に入ってからだからね。しかし、タケはそのために必要な能力を十分に備え持っている。きっと素晴らしい選手になるだろう」
 
 では、育成事情に詳しい元プレーヤーの目から見て、15歳の久保の武器、持ち味とはなんだろう? 解説してもらった。
 
「フットボールには様々な要素がある。テクニック、フィジカル、戦術理解力、メンタルなどだ。テクニカルな視点で言うと、タケは世界レベルのものを持っている。パス能力が高く、フェイントも多彩で、相手を切り崩すことができる。そして、GKを目の前にしても慌てず、正確にネットを揺らす。つまり技術面ではトップクラスということだよ。
 
 戦術理解にも優れ、言うならば非常にスマートな選手だ。バルサでのスタートはCFだったが、ウイングでも、トップ下もプレーできる。あるいは攻撃的なインテリオール(中盤のサイド)、バルサで言うと、ちょうどイニエスタのポジションもこなせる。将来は彼のような選手になるかもしれない」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ