Jが注目する頭脳派DF――市立船橋・原輝綺が語る「プロ入り」「ライバル」「PK失敗」

カテゴリ:高校・ユース・その他

安藤隆人

2016年07月26日

「市立船橋ではB2チームからのスタートだった」

市立船橋の最終ラインを統率する原。J来春のプロ入りが予想される有望株だ。写真:安藤隆人

画像を見る

 いよいよ夏の高校王者を決めるインターハイ(高校総体)が7月27日に開幕。今大会の優勝候補の一角、千葉第2代表・市立船橋の最終ラインを牽引するのが原輝綺だ。Jスカウト陣も注目する彼に、プロ入りやともに守備陣を支える仲間との関係、さらには前回決勝について語ってもらった。
 
【総体】都道府県別出場選手数ランキング|岡崎、香川を輩出したあの県が健闘。王国・静岡は意外にも… 
 
――大会を前にJスカウトから注目される存在になっています。市立船橋に入って、自分がJクラブからオファーが来るような選手になると思いましたか?
 
 正直思わなかったですね。プロになりたい気持ちはありましたが、市立船橋に入ってレベルの高さに驚いて、僕はどっちかというと目立たない存在なので、厳しいかなと思っていました。高2で試合に出ていても、僕は別に何かをするわけではなくて、どちらかというと『陰で支える』タイプなので。
 
――原選手は本当にいい意味で『地味』ですよね。でもそうした部分が最大の魅力であり、玄人好みすると思います。
 
 結構そういう風に言われます(笑)。なので、僕は大学進学を考えていたのですが、伊藤竜一コーチといろいろ話をした時に、「プロを目指そう」と思って今年に臨みました。そこでしっかりとプロを意識できたことで、お話を頂けたのだと思います。
 
――現在はCBをやっていますが、原選手のこれまでのポジション変遷はどういうものですか?
 
 小学校でサッカーを始めた時はFWで、すぐに右サイドバックになって、中学校ではボランチをやりながらトップ下、左サイドをやっていました。市立船橋では、最初はB2チームからのスタートだったのですが、佐藤陽彦コーチがずっと僕を気に掛けてくれて、FW、ボランチ、3バックの真ん中とポジションを落として行ってくれました。それでディフェンスで育てようとしてくれました。
 
――高2の時は椎橋慧也選手(現仙台)とボランチを組んで、インターハイ準優勝に貢献しました。
 
 3-4-3の右CBでやりながら、4バックになったらボランチになっていたので、「僕はどっちで行くんだろう?」とは思っていました。去年はプレミアリーグが始まってからはずっとボランチをやらせてもらっていたので、インターハイはいいイメージでプレーできました。
 
【関連記事】
【総体出場校】千葉・市立船橋|プロ注目DFを擁して狙うは東福岡への雪辱と9度目V
【総体出場校】福岡・東福岡|3連覇の鍵はアンカー鍬先の復調と一戦ごとの成長
Jクラブ注目の高校ナンバー1FW――岩崎悠人は、どのクラブを選ぶのか
Jクラブ最注目の高校ナンバーワンDF・杉岡大暉。市立船橋の大黒柱が面食らったFWとは?
高卒J内定一番乗り! 柴崎、神谷の系譜を継ぐ高橋壱晟が、千葉入りを決めて見据える先

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ