【総体出場校】千葉・市立船橋|プロ注目DFを擁して狙うは東福岡への雪辱と9度目V

カテゴリ:高校・ユース・その他

平野貴也

2016年08月01日

Jクラブが注目するU-18日本代表の杉岡は、全国大会前に進路を決める予定。

Jリーグスカウトが注目するDFの杉岡。正確無比な左足のキックは攻撃面でも大きな武器になる。写真:平野貴也

画像を見る

市立船橋(千葉)/所在地:千葉県船橋市船場4-5-1 創立:1956年 創部:1957年 総体最高成績:優勝(1987、88、98、2001、07、08、10、13年) 主なOB:小川佳純、和泉竜司(名古屋)、増嶋竜也(柏)、中澤聡太(川崎)、志村滉(磐田)など
写真:安藤隆人

画像を見る

 今年も優勝候補の一角であることに疑いの余地はない。安定感抜群の市立船橋がインターハイ制覇を狙う。市立船橋は、今季の高円宮杯U-18プレミアリーグEASTで5節まで唯一の無敗を貫き、2位につけている。
 
 原動力となっているのは、鉄壁の守備だ。昨季から主軸のDF杉岡大暉、原輝綺は最終ラインでプロスカウトの注目を集める働きを見せており、朝岡隆蔵監督も「後ろの2列は、安定している」と高い評価を与えている。
 
 ともに空中戦に強く、ミドルやロングレンジのパスが安定している。U-18日本代表の常連である杉岡は、CBのほかに左SBをこなし、左足のロングフィードを対角に飛ばすプレーで攻撃にアクセントを加える。すでに4チームのJクラブで練習に参加。全国大会前には進路を決めたいと話している。
 
 原は中盤もSBも自在に対応。全国クラスの運動部を多く擁する市立船橋のマラソン大会では、運営担当の陸上部が不参加ながら、2年連続でトップという走力を持っており、杉岡とともに広範囲を守れる貴重な戦力となっている。
 
 攻撃では基本布陣の4-3-3から3-4-3へと変化し、パスワークの中から続々と追い越しをかける選手が出て来るのが、今季の特徴だ。身長186センチのビッグターゲット村上弘有を最前線に置いて縦パスを狙いながら、中盤ではボランチの高宇洋がターンを仕掛けてショートコンビネーションから中央突破を図る。
 
 さらに、最終ラインから杉岡が左足で対角に繰り出すロングパスから右DF真瀬拓海がサイドを突き崩すパターンも持っており、バリエーションは豊富だ。
 
 なかでも、プレミアリーグで無得点だったFW村上がインターハイの県予選で手応えを掴んだことは収穫だ。準決勝の翔凛戦では前半だけでハットトリックを達成した。
「自分の長所は、泥臭く前で戦うこと。そこしかない。でも、FWなので、点を取らないと評価されない。県予選が始まるまで無得点で、そろそろ取らないといけないと思っていた。全国大会でもチームのために走って前線でボールをキープして、もっと点を取りたい」と気勢を上げた。昨年の途中まではセカンドチームなどでCBとして試されていたが、精力的な動き出しと身体を張ったキープでチームをけん引する原動力となりそうだ。
 
【関連記事】
【総体】男女・全71代表校が決定! 男子は東福岡、市立船橋、流経大柏、関東一、静岡学園、滝川二、青森山田など55チーム。
【総体出場校】群馬・前橋商|多彩なアタックで「ゼブラ軍団」が復活の狼煙を上げる
【総体出場校】石川・星稜|今日の先発は明日の控え!? 4年連続4強を可能にしたサバイバル
凄い年下・久保建英とU-16代表のサバイバル。FC東京U-18の1年生MF・平川怜が受ける成長への刺激
宇佐美貴史・移籍会見全文|『壁にぶつかって、こけて、また起き上がって、という人生を選んだ』

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ