鹿島が危なげなく2連勝。泥沼の名古屋はクラブワーストの11戦未勝利

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年07月13日

前半に2点を奪い、後半終了間際にトドメの3点目。

中村(13番)のゴールで先制し、山本(16番)が追加点。前半に2点を奪った鹿島は、試合終了間際にも鈴木がゴールを奪い、3-0で名古屋を下した。(C)J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

[J1第2ステージ3節]鹿島3-0名古屋 7月13日/カシマ
 
 J1第2ステージ3節の鹿島対名古屋は7月13日、県立カシマサッカースタジアムで行なわれ、鹿島が3-0で勝利した。
 
 鹿島はルーキーの垣田が2トップの一角でJデビュー。名古屋は夏に加入したハ・デソン、扇原、酒井が揃ってスタメンに名を連ね、出場停止のイ・スンヒに代わって明神がボランチに入った。
 
 試合は開始早々の6分に動いた。右サイドからペナルティエリア内にスローインが入ると、これを名古屋の明神がクリアミス。鹿島の土居が素早く反応して逆サイドにボールを流し、中村が拾って左足でゴールに突き刺した。

 相手のミスを抜け目なく突いて先制した鹿島は、さらに26分に永木のクロスに山本が左足で合わせて追加点。小笠原や西といった主力を休ませた影響でバタつく時間もあったが、GK曽ヶ端のファインセーブもあって、2点リードしたまま前半を折り返した。
 
 後半に入ると、名古屋は後半開始から松田、56分に和泉、65分に野田と次々に攻撃の札を切るも、ゴールは奪えず。一方の鹿島は赤﨑や遠藤を送り込んで前線の運動量を保ちながら時計の針を進め、87分のセットプレーで鈴木がトドメの3点目を見舞って試合を決めた。
 
 これで鹿島はリーグ戦2連勝。一方の名古屋は、クラブワースト記録の11戦未勝利だ。加えて名古屋は、第2ステージに入って3試合連続ノーゴールの3連敗と、極度の不振に陥っている。

7月14日発売号のサッカーダイジェストは、内田選手の巻頭インタビューを掲載。それに続く特集は、今夏の注目銘柄と題して話題の選手30人の去就動向をチェック。乾選手、酒井宏選手、植田選手のインタビューに加え、クラブダイジェストでは松本山雅、好評連載中のプロフットボーラ―の肖像では「2008年」の大谷選手を取り上げています。

画像を見る

【関連記事】
【鹿島】区切りのJ1通算100試合出場で自ら祝砲。「通過点でしかない」のひと言に滲む土居聖真の意地とは?
【名古屋】残留への救世主となるか? 上々デビューの扇原が覚悟の移籍に「思ったことはどんどん言いたい」
【J1ベストイレブン】復活の2発を決めたG大阪の助っ人がMVP。中盤の5人はいずれも「7」|2nd・2節
【韓国メディアの視点】浅野と宇佐美の欧州挑戦は成功するのか?韓国人記者曰く、「宇佐美はイ・チョンスと同じ轍は踏まないはずだ」
J1・J2"夏の移籍"まとめ/広島のキム・ボムヨンがレンタルで清水へ
内田篤人が明かした“本田とのサッカー談義”

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ