• トップ
  • ニュース一覧
  • 【名古屋】残留への救世主となるか? 上々デビューの扇原が覚悟の移籍に「思ったことはどんどん言いたい」

【名古屋】残留への救世主となるか? 上々デビューの扇原が覚悟の移籍に「思ったことはどんどん言いたい」

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2016年07月10日

芸術的なロングフィードにはスタンドから感嘆の声が。

名古屋でのデビュー戦は先発フル出場。能力の高さを感じさせた。(C) J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

[J1・第2ステージ2節]名古屋 0-3 川崎 7月10日/パロ瑞穂

 川崎に0-3の完敗を喫した名古屋は、当面のライバルとして順位を争っていた新潟に勝点でリードを許し、ついに降格圏の16位へと転落した。
 
 不甲斐ないチームの出来に観客席からはブーイングが飛び、小倉監督は試合後、「完敗ですね。力負けという試合です」となんとか声を絞り出す。
 
 名門チームが過去にない危機に瀕している。
 
 ただ、指揮官が力負けを認めた試合で輝くモノもあった。それは移籍加入し、先発デビューを飾った扇原とハ・デソンのプレーだ。特に扇原は「大きな展開を何度か見せてくれた」と小倉監督が語ったように、正確なロングフィードを幾度も披露。もともと正確なキックが持ち味の選手ではあったが、この日は通常よりも非常に精度が高かったように感じられた。
 
 6分、12分には味方を走り込ませる裏へのボールを見せると、16分には右サイドをオーバーラップした矢野にピタリと合うパスを通し、19分には今度は左サイドの野田の足もとへキッチリ収まるボールを送る。野田がトラップをした瞬間、その芸術的なパスに観客席からは感嘆と拍手が起こった。
 
 中学時代からC大阪の育成組織で育った扇原はクラブの未来を担う存在だった。しかし、チームがJ2で戦う今季は、新加入した山村とソウザに定位置を奪われ、ハノーファーからの山口の復帰でさらに苦しい立場に追いやられていた。そこで決断したのが愛着のあるクラブからの移籍だった。形態は「退路を断つために」と、レンタルではなく完全移籍。相当な覚悟を持ち名古屋にやってきたレフティボランチにとって、移籍初戦でこれくらいのパフォーマンスを見せるのは当たり前だったのかもしれない。
 
 本人は試合後、自らの出来よりもチームの敗戦を悔しがった。
 
「自分のプレーはある程度出せましたが、チームとしては0-3という完敗なので、勝たないと意味がないですし、勝つためにここに来たので悔しいです。連戦なのでしっかりと気持ちを切り替えたいです」
 
【関連記事】
【J1採点&寸評】名古屋×川崎|役者揃い踏みの川崎が圧倒! 名古屋の及第点は新戦力ふたりのみ
小林、大久保、中村で3発! 川崎が新旧日本代表の活躍で名古屋に完勝、年間首位キープ!!
【名古屋】泥沼からの脱出へ楢﨑が言及。「誰も助けに来てくれないと思ってやるしかない」
C大阪の扇原が名古屋へ完全移籍。「チャレンジしたい気持ちが強まり、離れることを決めた」
【広島】“魔の3分間”に呑まれた大魔神・林。「この悔しさは勝っていくことでしか晴らせない」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ