「託す人、託される人」。五輪メンバー入りした大島と原川に、負傷離脱中の奈良が送った熱いメッセージ

カテゴリ:日本代表

いしかわ ごう

2016年07月01日

当落線上だった原川は、いつものポーカーフェイスを崩さなかった。

リオ五輪メンバーに選出された原川(15番)と大島(10番)は、怪我で間に合わなかった奈良(3番)の想いをしっかりと受け止めた。

画像を見る

「無心ですね。やることはやってきたので、待つだけです」
 
 メンバー発表を控えた当日の昼、原川力は現在の心境を聞かれると、そう述べるにとどまった。当落線上の選手のひとりという予想が多かったものの、本人の表情にはどこか余裕があるように見える。元日本代表の中田英寿氏を思わせるようなポーカーフェイスで、いつも落ち着いている印象である。
 
 今年1月のリオ五輪アジア最終予選では、出場切符をかけた準決勝・イラク戦で決勝ゴールを決めて、一躍時の人となった。今シーズンからはJ2の京都からJ1の川崎に移籍。しかし優勝を争うチームの中盤は激戦区で、満足な出場機会を得られていたとは言い難かった。それでも、その決断に悔いはなかったと話す。それはこのメンバー発表を控えた瞬間でも同じだった。
 
「オリンピックのための移籍だとは思っていないですし、自分の成長のために移籍しました。オリンピックどうこうは関係ないですね」
 
 そして原川は選ばれた。世界という舞台で戦える楽しみを、こう口にした。
 
「本番ならではの感覚があると思ってます。同世代の世界大会は初めてなので、そこでどれだけできるか。個人としても現在地を知れる良い機会だと思っています」
 
 チームで溜め続けているそのパワーは、ブラジルの地で解放することになる。
 
 原川とは対照的に、大島僚太に関しては、「当確」との見方が強かった。5月にフランスでのトゥーロン国際大会を終えて帰国すると、その足で初選出となったA代表候補合宿に合流。実力はもちろんのこと、発表直前の南アフリカ代表戦でキャプテンマークを腕に巻いていたのは、指揮官からの信頼の現われだった。
 
 とはいえ、この1か月間は激動だった。
 世代別代表とA代表を掛け持ちする日程を経て、所属クラブでは優勝争いの試合の連続だ。息つく間もないとは、まさにこのことだった。そんな過密日程を過ごしていたある日の練習後、「今、なにをしたいか」と尋ねると、こんな風に話してくれた。
 
「なにも考えずにボールを蹴る時間が欲しいですね。誰もいないグラウンドで、誰も見ていない時にひとりでボールを蹴る状態になりたいです」

【リオ五輪代表PHOTO】正式登録メンバー18人
【関連記事】
【リオ五輪】手倉森監督が明かした18人選出の理由。「守らなくてはいけない大会と予想して守備を考えた」
【リオ五輪】登録メンバー18人が決定! OA以外はほぼ最終予選組での構成に
EURO観戦の美しすぎるサポーターを直撃! 「フランス女子の熱視線を集めたのは…」の巻
【セルジオ越後】誰がリオ五輪の選から漏れるか。南アフリカ戦の後半は、その発表会のようだった
浦和からのオファーが報じられた細貝萌。「まだ帰れない、という思いがある」と複雑な心境を吐露

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ