【J1第2ステージ展望】年間勝点でトップを争うのはどこか。リオ五輪が“足枷”に?

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2016年07月01日

第2集団で勢いのあるクラブは…。

第1ステージを制した鹿島。柴﨑、小笠原を中心に第2ステージでも首位戦線をリードするか。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 今季J1の第1ステージは、川崎とのデッドヒートを制した鹿島の優勝に終わった。ただ、優勝と言っても、鹿島は11月に行なわれるチャンピオンシップ(CS)への出場権を獲得したに過ぎない。昨季以上に年間勝点を重視した今季のレギュレーションによれば、ステージ覇者はCSの1回戦、準決勝をいずれもアウェーで戦うことになっている。つまり、年間勝点2~3位よりも不利な条件を強いられるというわけだ。

 そうした背景もあり、第2ステージ開幕というよりは、単なる折り返し地点という意味合いが強いかもしれない。実際、川崎の中村は「ここまで積み上げた勝点がゼロになるわけではない」とコメントしている。また昨季と違って中断期間はなく、鹿島の第1ステージ制覇から1週間後の7月2日から第2ステージが始まるだけに、やはり“開幕感”は薄い。
 
 年間勝点で見た場合、その首位戦線をしばらくリードするのはおそらく首位の鹿島(勝点39)と2位の川崎(勝点38)だろうが、果たして最後まで走りきれるか。両クラブにとって懸念のひとつが、8月開催のリオ五輪。鹿島はCBの植田、川崎はMFの大島などの主力組がリオ五輪代表の活動(7月後半から最大8月20日あたりまで)で不在となるからだ。
 
 3位の浦和(勝点33)はオーバーエイジ枠(OA)の興梠やDFの遠藤、4位の広島(勝点29)もOAの塩谷、FWの浅野などを同様の理由で、リーグ戦で最大5試合使えなくなる可能性がある。夏場はまさに消耗戦。もしかすると7月後半から8月にかけて、彼ら主力を欠く上位4チームが揃ってパフォーマンスを落とすかもしれない。

 ただ、第2集団(5位・大宮=勝点26~11位・横浜=勝点22)で勢いのあるクラブがいるかと言えば疑問符が付く。6位のG大阪はむしろ宇佐美移籍(アウクスブルクへ)のダメージが懸念され、5位の大宮と7位の柏はリーグ戦で4試合続けて勝ち星がない。

 8位の磐田と9位のFC東京は勝ったり負けたりを繰り返し、10位の仙台は第1ステージの17節で4連勝がストップ。11位の横浜も不安定な戦いを続けているだけに、ここから年間優勝争いに食い込むのはいずれのチームにとっても簡単なことではない。
 
 あくまで現状(6月30日現在)で判断すると、年間勝点でトップを争うのは上位4チームになるだろうか。シーズンの行方を左右するポイントは、消耗戦となる夏場にキーマン不在の穴を埋める“代役たち”。鹿島はCBのブエノ、川崎はMFの大塚や森谷、浦和はFWのズラタン、石原、梅崎、DFの永田、広島はMFの茶島、CBの宮原あたりになりそうだが、果たして……。

6月23日発売号のサッカーダイジェストの特集は、J1全18クラブの補強&改善計画書。今季前半戦の戦いぶりを振り返りつつ、第2ステージに向けた強化ポイントを探ってみました。インタビューでは、大宮の家長選手、柏の中村選手が登場。クラブダイジェストでは、熊本を取り上げています。

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ