【スペイン 3-0 トルコ|採点&寸評】渦中のモラタが2ゴール! MOM!

カテゴリ:国際大会

山本孔一・熊崎 敬

2016年06月18日

攻守ともに大きな収穫を手にした完勝。

警告:ス=S・ラモス(2分) ト=ブラク(9分)、オザン(41分) (C) SOCCER DIGEST

画像を見る

つねに高い位置を取り、2得点に絡んだジョルディ。面目躍如の大活躍だった。 (C) Getty Images

画像を見る

【スペイン|チーム&監督 採点&寸評】
チーム 6.5

チェコ戦の内容からFW陣に結果が欲しかった試合。モラタ、ノリートがきっちりゴールを決めて周囲の雑音を消し去れば、守備も枠内シュートを1本も許さずに連続完封と、攻守ともに大きな収穫を手にした。
 
監督 ビセンテ・デル・ボスケ 6
先制点が入るまではベンチとテクニカルエリアを往復する姿が目立ったが、34分にモラタが待望のゴールで均衡を破ってからは落ち着きを見せた。
 
【スペイン|選手 採点&寸評】
GK
13 ダビド・デ・ヘア 6

完全に主導権を握る展開で仕事という仕事はなし。それでも、31分のS・ラモスのミスをカバーする飛び出しなど、しっかりと集中力を保ち続けた。
 
DF
16 ファンフラン 6

アルダをケアするなどサイドバックとしての本分を果たしただけでなく、チェコ戦同様にシルバとのコンビから好機を作り出した。
 
3 ジェラール・ピケ 6.5
速攻にはカバーリング、セットプレーではヘディングでクリアとゴール前の壁として君臨し、いい意味でデ・ヘアに仕事をさせなかった。
 
15 セルヒオ・ラモス 5.5
開始2分にイエローカード、31分にロングボールをかぶるなど怪しい場面もあったとはいえ、試合を通してみれば問題なく自らの責務を全う。
 
18 ジョルディ・アルバ 6.5(81分OUT)
先制点の起点、3点目のアシストと左サイドを飽かずに駆け上がり、攻撃に厚みとアクセントを加え続けた。
 
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ