【J1展望】大宮×横浜|連敗阻止へ。ともに前節を払拭する勝点3がほしい

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2016年06月17日

大宮――サイド攻撃のバリエーションが鍵に。

故障者/大宮=D・ムルジャ、黒川、福田 横浜=高橋、カイケ
出場停止/大宮=なし 横浜=なし

画像を見る

J1リーグ1stステージ・16節
大宮アルディージャ – 横浜F・マリノス
6月18日(土)/19:00/NACK5スタジアム大宮
 
大宮アルディージャ
1stステージ成績(15節終了時):4位 勝点25 7勝4分4敗 16得点・15失点
 
【最新チーム事情】
●負傷の癒えた菊地の復帰が濃厚。
●無得点だった前節を受けて、攻撃練習を重点的に行なう。
●クロスからの攻撃にバリエーションをつける意識が目立つ。
 
【担当記者の視点】
 前節・新潟戦では、開始早々の失点から挽回できずに0-1の完封負け。内容もここ最近の公式戦のなかでは乏しいものとなった。14節・神戸戦も2点リードを追い付かれて悔しい引き分けとなっただけに、第1ステージのホーム最終戦では必ず勝点3を手に入れ、悪い流れを払拭したい。
 
 そのために必要なのが、早い時間帯での不用意な失点をしないこと。そして、90分間を通して高いテンションを維持することでアウェーチームに勢いを与えないことだ。
 
 さらに、対横浜でのポイントは、サイド攻撃のバリエーションだろう。屈強なCBを擁する相手に対して、工夫なくクロスを上げて空中戦を挑んだのでは勝ち目はない。低く早い足もとへのボールや、ペナルティエリア脇へのフリーランなど、目先を変えながら攻め込み、意識を分散させることで生まれる意識のギャップを突いて先制点をもぎ取りたい。
【関連記事】
【J1採点&寸評】新潟×大宮|粘り強さを見せた新潟を高く評価。MOMは決勝点のベテランMFに
【J1採点&寸評】横浜×川崎|齋藤の突破が唯一の光。CBエドゥアルドの安定感は抜群
【大宮】プロ2年目の初体験――高山和真は勝ちを逃した試合をどう受け止めたのか?
【大宮】勝利と敗北を分けた一撃――家長昭博が利き足と逆で放ったシュートの軌道

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月7日発売
    2022-23シーズン到来!
    新・主役候補TOP50
    話題沸騰のタレントを一挙公開
    カタールW杯ガイドブックも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ