【ポルトガル 1-1 アイスランド|採点&寸評】軒並み高採点のアイスランドに対し、ポルトガルは決定力を欠いたC・ロナウドをはじめ厳しい評価

カテゴリ:国際大会

豊福 晋・熊崎 敬

2016年06月15日

チャンスはあっただけに、決め切れなかったのが悔やまれる…。

警告:ア=B・ビャルナソン(55分)、フィンボガソン(90+4分) (C) SOCCER DIGEST

画像を見る

ボールを持つたびに激しいブーイングを浴びていたペペだが、プレーでは終始安定していた。 (C) Getty Images

画像を見る

【ポルトガル|チーム&監督 採点&寸評】
チーム 5.5
先制点は右サイドからの攻撃を活かした理想のかたちが実った。C・ロナウドを活かすのが絶対のテーマだったが、エースの能力は引き出せず。C・ロナウド、ナニに訪れた決定機など、チャンスは複数あっただけに、決め切れなかったことは悔やまれる。
 
監督 フェルナンド・サントス 5.5
SHのポジションをたびたびスイッチさせるなど、状況を打破しようとしたが功を奏さず。躍動感を与えたレナト・サンチェス、クアレスマの投入は、もう少し早くても良かった。
 
【ポルトガル|選手採点&寸評】
GK
ルイ・パトリシオ 6
3分のピンチをダブルセーブし、終了間際にもピンチを防ぐなど、確実に仕事を果たした。失点シーンは責任なし。
 
DF
11 ヴィエイリーニャ 6
右からの攻め上がりは、攻撃の最多のかたちに。積極性を見せ、先制点では起点になった。失点の場面のマークミスは減点材料で、B・ビャルナソンの対応で後手に回る面も。
 
ペペ 6
C・ロナウドを狙った裏へのパスは文句なし。巨漢の相手にも競り合いでは負けず、1対1の対応も良かった。69分に倒された際、バーバソンにカニばさみをした行為はマイナス。
 
リカルド・カルバリョ 6
華麗なタックルでボールカットするなど守備面でミスはなく、ペペとともに最終ラインを安定させた。
 
ラファエウ・ゲレイロ 5.5
前半は積極的な攻めも見せたが、その後は存在感がなくなる。右サイドに比べ、与えたインパクトは弱かった。
 
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
【関連記事】
ポルトガル攻め切れず……アイスランドはメジャー大会デビュー戦で勝点1奪取!
すべてはC・ロナウド次第――。アイスランド戦で再確認されたポルトガルの特異性
【EURO2016】ベルギーの豪華タレント陣を完封した、イタリアの古き良き伝統と美学
「1-7」の歴史的敗戦から進歩なし
【UEFA EURO 2016】全51試合を連日生中継! WOWOW放送スケジュールはこちら!!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ