【J1ベストイレブン】ゴラッソ2発の湘南・下田がMVP!上位対決を制した鹿島から3名。磐田からは若手GKを選出|1st・15節

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年06月15日

日本代表GKもお手上げ。下田の2ゴールはいずれもファインゴール。

【1stステージ15節のベストイレブン】

画像を見る

 J1リーグは6月11日に第1ステージ15節の9試合を行なった。ここでは、その9試合からサッカーダイジェストWeb編集部がセレクトしたベストイレブンを紹介する。
 
【選出理由】
 今節のMVPは、途中出場でビューティフルゴール2発を決めた湘南の下田だ。1点目は狙いすました無回転ミドル、2点目はこぼれ球に反応して再びミドルを突き刺した。左足で決めたこの2ゴールは、いずれもゴラッソで、G大阪のGK東口にとってはノーチャンスだった。
 
 このレフティをはじめ、今節は複数のボランチの選手がハイパフォーマンスを見せたため、中盤の4枚はいずれもボランチをセレクト。高い攻撃力を備える下田とレオ・シルバを前目に、バランス感覚に長けた小笠原とビリー・セレスキーを最終ライン前に配した。
 
 MVPの下田に負けず劣らずの輝きを放ったのが、磐田のGK志村だ。カミンスキーと八田の負傷によってチャンスを与えられたプロ2年目の新鋭は、J1デビューのFC東京戦で大仕事。48分には前田、試合終盤にはムリキとの1対1を止めてチームを救った。GKでは、神戸のキム・スンギュも素晴らしいパフォーマンスを披露したが、無失点を高く評価して志村をベスト11とした。
 
 また、前線では浦和との大一番で決勝点を奪った金崎、同じく決勝点でエースの仕事を果たした鳥栖の豊田を。最終ラインには浦和の攻撃を撥ね返し続けた鹿島の昌子らを選んでいる。
 
【関連記事】
【J1】5月度の月間MVPは鹿島の金崎。その決め手は?
4戦連発の金崎夢生。“罰金”を言い渡された後輩・鈴木は「あの人に近づきたい」
リオ五輪のオーバーエイジ選手に藤春と塩谷が内定。登録メンバー18人は7月1日発表に
「世界で勝つために日本代表に必要なFWは?」中村俊輔に聞いてみた

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月16日発売
    初夏の風物詩
    2019-2020シーズン
    BEST PLAYERを発表!
    リバプール優勝記念特集も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ