【イタリア人監督の日本評|後編】強豪との真剣勝負で、どこまでやれるか?例えば相手がイタリアなら2-1、3-2は有り得るが…

カテゴリ:日本代表

ロベルト・ロッシ

2016年06月08日

中堅国との対戦ならば、戦術的なオーガナイゼーションで圧倒することは可能だ。

今のチームも、2013年コンフェデのイタリア戦のような試合はできるだろう。ただし……。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 キリンカップの2試合は1勝1敗。ブルガリア戦では大量7点を奪ったものの、続くボスニア・ヘルツェゴビナ戦は1点にとどまった。一方、守備では2試合ともに2失点を喫している。

 この欧州代表チームとの2連戦を、戦術解析に定評がある現役イタリア人監督はどう見たのか? 現在の欧州スタンダードやブラジル・ワールドカップを戦ったザッケローニ監督時代との比較、また日本代表の課題についての見解を、前編・後編に渡ってお届けする。

―――◆―――◆―――◆―――

 前編で述べたように、正直に言って、戦術的なオーガナイゼーションという観点から見た時には、日本代表に欠点らしい欠点は見当たらない。ホームでの親善試合(しかもシーズン終了後の6月)という条件を差し引いても、ボスニアやブルガリアを相手に90分間を通して主導権を握り続けるのは簡単なことではない。

 ただし、ザッケローニ監督からも聞いた話だが、日本代表にはホームでは本当に伸び伸びと自分たちの力を発揮して戦う反面、アウェーでは持てる力を十分に発揮できない面があることは否定できない。
 
 その点も含めて、この日本代表が今ヨーロッパや南米のチームとの真剣勝負に臨んだとして、果たしてどこまでやれるかというのは興味深い設問だ。
 
 例えば、EUROに出場したとしようか。率直に言って、ドイツ、スペイン、フランス、ベルギーといった優勝候補と互角に戦うのは難しいだろう。

 戦術レベルで完璧に近いプレーを90分間続けたとしても、個人能力の差までを埋めることはできない。1対1はもちろん数的不利に置かれても単独で状況を打開できるワールドクラスのストライカーに、一度もチャンスを与えずに乗り切ることは不可能だろう。最終ラインでの数的均衡を受け入れる現在のような戦い方を選ぶならばなおさらだ。
 
 しかしそれよりも1ランク劣る中堅レベルのチームならば、互角かそれに近い戦いで相手をかなり苦しめることが可能だろう。2013年のコンフェデレーションズカップでイタリアにサッカーをさせなかった試合のように、戦術的なオーガナイゼーションで相手を圧倒して戦うことは、このチームならば可能だと思う。
 
 ただし、まさにそのイタリア戦がそうだったように、小さなミスや微妙な勝負の綾を最大限に活かして戦う経験と狡猾さを持った相手につけ込まれる、あるいは相手の圧倒的な個人能力に押し切られるといった形で失点する可能性は常にある。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月14・28日合併号
    4月23日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人が選ぶ
    Jリーグ歴代
    ベストイレブン
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ