これも『アモーレの奇跡』だ。留学時の親友と“あり得ない”再会。酒井宏樹が人生で最も驚く

カテゴリ:日本代表

塚越 始(サッカーダイジェスト)

2016年06月05日

内田篤人不在の右SB争いで、レギュラー確保へ前進。ブルガリア戦で対峙した11番は――。

酒井宏樹が09年のブラジル留学時代に仲良くしていた親友と、ブルガリア戦のピッチでまさかの再会――。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[キリンカップ]日本代表7-2ブルガリア代表
6月3日/豊田スタジアム
 
「ヒロキ! ヒロキ!!」
 
 日本対ブルガリア戦の試合開始前だった。両チームの選手が整列をしたあとに握手を交わす際、酒井宏樹はブルガリアの選手から自分の名前を呼ばれたのに気付いた。
 
 一人ひとりと握手するなか、歩み寄ってきたのはブルガリア代表11番のマルセリ―ニョ(本名マルセロ・ナシメント・ダ・コスタ)。その顔を見て、酒井はすぐに記憶が蘇った。
 
「僕が留学していた時代に一緒にいた選手です。7年ぶりになりますかね」
 
 酒井は面食らった。まさか日本で開催されるこのカードで、彼と再会するとは思ってもみなかったからだ。
 
 2009年、柏のユースからトップチームに昇格した19歳の酒井が、6月から4か月間留学したのが、ブラジルのサンパウロ州選手権1部リーグのモジミリンだった。
 
  そこで出会って意気投合したのが、モジミリンに所属していたマルセリーニョだった。
 
「とても優しい選手だったんです。まさか、ブルガリアに帰化しているとは……、ビックリしましたよ」
 
 マルセリ―ニョは84年8月24日生まれで、ブラジル北西部のアマゾンにあるマナカプルの出身。将来有望視されたアタッカーのひとりだ。02年から03年には、ブラジルU-20代表にも選出されている。
 
 ブラジルのモジミリン、ブラガンチーノを経て、11年にブルガリアのPFCルドゴレツ・ラズグラドへ移籍。さっそく1年目に中心選手としてリーグ25試合出場・9得点と大活躍し、国内3冠獲得に大きく貢献した。その後、リーグ戦は5連覇を達成し、14-15シーズンのチャンピオンズ・リーグではレアル・マドリーやリバプールと対戦している。
 
 その活躍が認められて、マルセリ―ニョは13年7月にブルガリアの国籍を取得(ブラジルとの二重国籍)。今年からブルガリアA代表での出場が認められて、3月のポルトガルとの親善試合でデビューし、いきなりゴールを決めている。この日本戦が2試合目の出場だった。
 
 ブラジルで出会ったふたりが地球の反対側の日本で、奇跡的な再会を果たした。しかも、同じサイドでマッチアップするという、願ってもみなかった構図に――。
 
【関連記事】
【伊メディアの日本評】『アモーレ』ウェーブは届かず。ミラン、インテルの身売り交渉が報道の中心に
監督解任時はミラン同僚から「鬼!」と批判も… オーナー本田圭佑がSVホルン2部昇格に喜びのコメント
【日本7-2ブルガリア|採点&寸評】最高評価の「7」は3人。MOMを選ぶなら、輝きを放ち続けた清武に
ベンチで本田の隣に座った小林祐希。「一緒に見ましょう」と声を掛けて、盗んだものとは?
最後は歓喜一色!PKキッカーを巡る押し問答の一部始終をハリル、宇佐美、浅野が明かす
【岩本輝雄のオタクも納得!】欧州組が形成した“背骨”が7-2というスコアを生んだ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月9日発売
    決定版がついに完成!
    2019年 J1&J2&J3選手名鑑
    55クラブを完全網羅
    ハンディ版も同時発売!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月28日号
    2月14日発売
    2019年J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    あらゆる角度から総力予想
    特別付録は「選手名鑑」!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月7日発売
    最新スカッドを更新!
    2018-19シーズン
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ