【J1ベストイレブン】”代表級”のプレーを見せた柴崎岳がMVP。快勝の広島、仙台から2名ずつを選出|1st・14節

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年06月02日

柴崎の採点は『7』。先制点をアシストし、ダメ押しとなる3点目をゲット。

【1stステージ14節のベストイレブン】

画像を見る

 J1リーグは5月29日に第1ステージ14節の9試合を行なった。ここでは、その9試合からサッカーダイジェストWeb編集部がセレクトしたベストイレブンを紹介する。
 
【選出理由】
 今節は4選手に採点『7』をつけた。今季初先発で2点を決めた広島の宮吉、それを操ったボランチの青山。そして、大量4ゴールの口火を切った仙台の金久保と、”代表級”のパフォーマンスで4-0快勝に導いた鹿島の柴崎だ。
 
 とりわけ、素晴らしかったのが柴崎だろう。長短を織り交ぜたパスで攻撃を組み立て、土居の先制ゴールをアシストし、ダメ押しとなるチーム3点目をゲットした。背番号10のプレーはいずれも効果的で、今節のMVPに相応しい活躍を示した。
 
 そのほかで目立ったのは、仙台のGK六反か。金久保の先制点を演出した精度の高いフィードは見事で、PKとCKでの2失点にも自責はなかった。また、“ボンバーヘッド”をお見舞いした横浜の中澤、甲府のクリスティアーノを封殺した鹿島の山本もクオリティの高いプレーを披露し、それぞれチームの勝利に貢献している。
 
【関連記事】
【日本代表】ハリルが宿舎やロッカーに張り紙。そこまでして伝えたい指揮官の想いとは?
ブルガリア戦は欠場の本田圭佑。2戦目に関しては「今の段階では断言できない」
【J1経営情報ランキング】浦和の営業収益が6年ぶりの60億円越え。広告料は名古屋がトップ。人件費は――
ふたりの日本代表戦士を知る松井大輔が証言。「(小林)祐希は(本田)圭佑っぽいところがある」
【日本代表】ハリルが“大久保復帰”を仄めかす。大島の初招集はその布石か?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月7日発売
    2022-23シーズン到来!
    新・主役候補TOP50
    話題沸騰のタレントを一挙公開
    カタールW杯ガイドブックも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ