3年前は0-2で完封負け。キリン杯で対戦するブルガリアはこんなチームだった

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2016年06月02日

3-4-3システムが不発。従来の4-2-3-1に戻した後半も…。

【警告】日本=長友(70分)、細貝(83分) ブルガリア=ディアコフ(56分)、マレノフ(77分)、ストヤノフ(90+2分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】スタニスラフ・マレノフ(ブルガリア)

画像を見る

 6月3日に対戦するブルガリアは、過去に1分4敗と一度も勝ち星がなく、3年前のキリンチャレンジカップでは、0-2で良いところなく敗れた相手だ。今回はそのリベンジの舞台となるが、果たして日本代表は、前回対戦でどんなパフォーマンスを披露していたのか。3日のゲームを占うひとつの資料として、当時のマッチレポートを振り返る。

―――◆―――◆―――◆―――
 
 コンフェデレーションズカップ終了まで1か月程続く代表合宿の幕開けとなる試合で、いきなりつまずいた。所属クラブで国内カップの決勝を戦う本田圭佑、岡崎慎司、酒井高徳が不在のなか、FIFAランクでは下のブルガリアにホームゲームで完封負けしたのだ。
 
 2010年8月に発足したアルベルト・ザッケローニ体制下で連敗したのは、国際Aマッチ33戦目にして始めてだが、とはいえ結果がそこまで重視されるゲームではなかった。
 
 ザッケローニ監督も6月4日の大一番(ブラジルW杯最終予選・オーストラリア戦)に向けた「テストの場」と捉えており、これまで何度か試してきた3-4-3システムを前半の頭から採用。選手のコンディションチェックにも主眼が置かれたブルガリア戦には、左膝負傷の影響でトップフォームにない長友佑都もスタメンから外れるなど、ベストと言えない布陣で臨んでいる。

 それでも内容的には、腑に落ちない部分があった。3-4-3システムがあまり機能しなかった点は、現段階で大きな問題ではないだろう。3バックの真ん中を務めた栗原勇蔵が、「まだ慣れていないし、簡単に上手くいくはずがない。継続してやっていくことが大事」と冷静に話したとおり、完成度が求められるのはむしろこれから。初招集の東慶悟と工藤壮人を使わなかったのも、手堅いと評判のザック采配を考えれば驚きではない。

 気になったのは、従来の4-2-3-1に戻した後半の戦いぶりだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月26日号
    9月12日発売
    世界が見た「Jリーグ」
    オシムやジーコら
    総勢51名に直撃!
    シンジ&ケンゴも登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月19日発売
    現役監督が「ビッグ12」の
    戦力を採点&格付け
    「CL完全読本」
    全32チーム選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ