3年前のブルガリア戦でも共演。当時、香川と清武が担ったポジションは?

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2016年06月01日

乾を含めたセレッソトリオは流れるようなパス回しから…

2013年5月30日に行なわれたブルガリア戦の、46分~68分の日本のフォーメーション。セレッソトリオのパス回しは滑らかだった。

画像を見る

 本田の左足負傷を受け、香川と清武が揃って先発する可能性が高まってきた。
 
 実はこのふたり、3年前のブルガリア戦でも共演している。香川がスタメン、清武が途中出場という形だったが、乾も含めたセレッソトリオが2列目に並んだ時間帯(46分~68分)は流れるようなパス回しからゴールに迫る場面もあった。
 
 ザッケローニ体制で挑んだこの試合では香川がトップ下、清武が2列目の右サイドで、互いにイメージを共有しているようでもあった。
 
 清武のセールスポイントのひとつは柔軟性。内田篤人がかつて「清武は本当に上手い。誰にでも合わせられるし、こっちとしてはやりやすい」と言っていたように、戦況などに応じてチームにフィットできる力がある。
 
 ハリルホジッチ監督はキリンカップのメンバー発表の席で、本田、香川とともに清武をキーマンに挙げている。バックアッパーから不動の主力へ──。今回のブルガリア戦は、清武にとってひとつのターニングポイントになるかもしれない。
 
 
 
 
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月23日号
    4月9日発売
    戦術&システムで
    読み解く
    J1&J2全40クラブの
    「10年史」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ