3年前のブルガリア戦でも共演。当時、香川と清武が担ったポジションは?

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2016年06月01日

乾を含めたセレッソトリオは流れるようなパス回しから…

2013年5月30日に行なわれたブルガリア戦の、46分~68分の日本のフォーメーション。セレッソトリオのパス回しは滑らかだった。

画像を見る

 本田の左足負傷を受け、香川と清武が揃って先発する可能性が高まってきた。
 
 実はこのふたり、3年前のブルガリア戦でも共演している。香川がスタメン、清武が途中出場という形だったが、乾も含めたセレッソトリオが2列目に並んだ時間帯(46分~68分)は流れるようなパス回しからゴールに迫る場面もあった。
 
 ザッケローニ体制で挑んだこの試合では香川がトップ下、清武が2列目の右サイドで、互いにイメージを共有しているようでもあった。
 
 清武のセールスポイントのひとつは柔軟性。内田篤人がかつて「清武は本当に上手い。誰にでも合わせられるし、こっちとしてはやりやすい」と言っていたように、戦況などに応じてチームにフィットできる力がある。
 
 ハリルホジッチ監督はキリンカップのメンバー発表の席で、本田、香川とともに清武をキーマンに挙げている。バックアッパーから不動の主力へ──。今回のブルガリア戦は、清武にとってひとつのターニングポイントになるかもしれない。
 
 
 
 
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月5日発売
    欧州サッカーの1年を凝縮!
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の保存版をお届け
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト6月27日号
    6月13日発売
    久保建英は欧州へ旅立つ?
    「夏の㊙移籍ファイル」
    テーマ別に総チェック!
    大宮&大分特集も必見
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月19日発売
    2019-2020シーズンは
    この布陣で戦え!
    メガ14クラブ「最強モデル」
    第2特集は“リバプールに学べ”
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ