【リオ五輪代表】浮き彫りになったCB、SB、FWの人材不足。手倉森監督は「もう口説きにいける」とOAの人選が固まったことを示唆

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年05月28日

淡々と負けたトゥーロン国際。選手たちには覇気が足りなかった。

手倉森監督は、怪我人や戦線離脱者を脅かす選手の出現を期待していたに違いない。しかし、今回の結果では……。(C)Getty Images

画像を見る

 トゥーロン国際で、U-23日本代表はなにを得たのだろう。
 
 結果を残すのは、絶対条件ではなかった。チームのレベルアップと戦力の底上げ、さらにはオーバーエイジ(以下OA)の招集が必要なポジションの見極めが、今大会のテーマである。
 
 だが、そうしたものを語る以前に、パフォーマンスが低調だった。
 
 チームでただひとりフルタイム出場した植田直通は、イングランドとの最終戦後に「今大会は勝ちたいという気持ちが、みんなすごく弱いと感じた」と話した。チームに漂う雰囲気は、まさにそのとおりだった。
 
 アジア最終予選までの主力がごっそりと欠けている今回は、多くの選手にとって千載一遇の好機である。前のめりに倒れ込んでしまうぐらいの選手が出てきてもいいはずなのだが、生き残りへの闘志を感じさせる選手はほとんどいなかった。
 
 その理由が皮肉だ。
 
 手倉森誠監督は、超がつくほどのポジティブ思考である。今大会でも「目の前で起こることは必要なこと。リオで勝つために負けさせられている。いま苦しむことが本番に生きてくる」といったメッセージをチームに発信していった。すべての試合で散見され、失点にもつながってしまった致命的なミスについても、「本大会でするよりは、こういった大会でして、糧になればいい」と割り切った。
 
 果たして、選手たちは敗戦を必要以上に重く受け止めなかった。努めて前向きに振る舞った。その代償として、試合に負けた悔しさや決定機を外した怒りを、心の内面に閉じ込めてしまった。ピッチの内外で、どこか淡々とした印象を与えていた理由である。
 
 メンバーの絞り込みはどうだったか。
 
 岩波拓也と亀川諒史の途中離脱を含め、最終予選のメンバーがほぼ抜け落ちている最終ラインでは、CB三浦弦太が辛うじて可能性をつないだ。右のファン・ウェルメスケルケン際はふたつの失点に絡み、左の三丸拡はイングランド戦でPKを献上した。どちらも攻撃力で自らをセールスしようとしたが、OAの招集が現実的なポジションとなった。
 
 MF陣で、存在感を示したのは3人だ。
【関連記事】
トゥーロンで全試合フル出場した植田が猛省。「みんなこの大会に対して、勝ちたい思いが弱いと感じていた」
【日本代表】本田が初招集の小林祐に言及。「自分の発言したことを実現してほしい」
イングランドにも敗れ、トゥーロン国際は1勝3敗で終了。怪我人続出で、CBにはボランチ喜田が
ハリルは才能重視? 宇佐美、浅野の招集に見るアタッカーの選定条件
小林祐が3戦連続ゴール中。柏木、遠藤も好調を維持――日本代表戦士の近況|国内組編
【CL決勝プレビュー】マドリーはC・ロナウドの状態、アトレティコは堅守が鍵だ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月24日号
    1月10日発売
    J1・J2全40クラブの
    最新陣容チェック&
    移籍相関図
    南野と長友の特製ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月17日発売
    取材記者が“とっておきの話”
    を打ち明ける
    WSD的
    「フットボールリークス」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ