【韓国メディアの視点】ACLラウンド16の日韓対決! FCソウルにとって嫌な浦和の3人とは?

カテゴリ:連載・コラム

慎武宏

2016年05月10日

大手ポータルサイトは「ACL16強に絶対王者はいない」

FCソウルのなかで最も日本人に馴染みのある名前と言えば、チェ・ヨンス監督(左)かもしれない。J1で88試合・55得点をマークし、日韓戦でも日本の前に立ちはだかってきた。彼が率いるチームを浦和は打ち破れるか。写真左:Getty Images/写真右:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 グループステージが終了したACL。韓国勢は浦項スティーラーズと水原三星がグループステージで敗退したが、FCソウルと全北現代がそれぞれグループ首位で決勝トーナメント進出を決めたこともあって、「全北とソウル、ACLグループ1位で“Kリーグは生きている”ことを証明」(スポーツ新聞『スポーツ・ソウル』)と、韓国メディアも面目躍如といった格好だ。
 
 東アジア勢は韓国2、中国2、日本2と3か国ともに2クラブが決勝トーナメント進出を果たしたが、「ACL三国志のK・C・J、優劣はつけらなかった」(サッカー専門誌『ベストイレブン』)ともしている。
 
 そんな韓国メディアの反応の中で目を引いたのが、大手ポータルサイト『NAVER』に掲載された「ACL16強、絶対王者はいない」という記事だ。最近5年間の東アジア勢4か国(韓国、中国、日本、オーストラリア)の16強進出クラブ数を紹介しつつ、「ACLの勢力図が均等化に入った黄金分割の形を示した」としていた。執筆したのは著名なサッカージャーナリストのソ・ホジョン記者だ。
 
「東アジアで図抜けたところはなく、タイのチョンブリFC、ベトナムのビン・ズオンなど東南アジア勢の健闘もありました。格差が縮まり、もはや対戦前から星勘定ができるような甘い相手はいない。Kリーグ勢はもちろん、Jリーグ勢もそれを痛感したグループステージだったのではないでしょうか」
 
 韓国での試合はもちろん、4月に日本で行なわれたKリーグ対Jリーグ対決も現地取材したソ・ホジョン記者は続ける。
「ただ、ACLにおけるJリーグ勢の競争力も弱まっているのではないでしょうか。 浦和とFC東京が16強入りしたとはいえグループ2位ですし、広島とG大阪という近年のJリーグで最も強さを発揮してきた2クラブが脱落したことが、その証左でしょう。
 
 広島は後半戦に2勝して3位とはいえ、ブリーラムは3連敗でほぼ脱落が決まっていたし、ソウルは1位通過を決めていたのでセカンドチームでした。広島とG大阪の敗退はJリーグに改めて危機感を促すものになったのではないでしょうか」
 
【関連記事】
【浦和】向かい風にノブの癖――。柏木陽介が明かす鮮烈ドライブ弾を成功させた背景とは?「右足にはけっこう自信があった」
【浦和】韓国人選手の「許されない行為」で乱闘寸前に。笑顔の守護神・西川周作が大激怒
凄い年下・久保建英とU-16代表のサバイバル。FC東京U-18の1年生MF・平川怜が受ける成長への刺激
森岡隆三vs宮本恒靖――U-18プレミアリーグの舞台で初めてW杯経験監督が激突!
【岩本輝雄のオタクも納得!】大一番を制したフロンターレの「距離感」はなぜ良かったのか――それは相手が“レイソルだったから”

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月7日発売
    2022-23シーズン到来!
    新・主役候補TOP50
    話題沸騰のタレントを一挙公開
    カタールW杯ガイドブックも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ