【NIKE MOST WANTED】果敢なドリブルを見せた波田野海が英国本拠『ナイキアカデミー』行きの権利を獲得! 一方で持ち味を出せなかった高梨起生は…

カテゴリ:海外日本人

白鳥大知(サッカーダイジェストWEB)

2016年05月02日

前日までと違って明暗が大きく分かれた日本人の2人。

積極果敢なドリブルという最大の持ち味を随所で見せた波田野。見事、ナイキアカデミー行きの権利を勝ち取った。(C)NIKE

画像を見る

ボールを持てば技術力の高さを垣間見せた高梨だが、攻守ともにやや軽いプレーが目に付いた。(C)NIKE

画像を見る

 現地時間5月1日、フランス・パリ郊外にある世界最高峰のトレーニングセンター『クレールフォンテーヌ』で、『NIKE MOST WANTED グローバルファイナル』が最終日を迎えた。
 
 地元フランスをはじめドイツ、イタリア、ブラジル、オランダなど世界中から40名が集結したこの一大スカウトプロジェクトで、“日本代表”のMF波田野海(聖和学園高校卒)が見事に合格。イングランドに本拠を置くプロ養成所『ナイキアカデミー』に入寮する権利を得た。一方、同じく18歳のMF高梨起生(尚志高校→流通経済大学)は、らしさを見せられず落選の憂き目を見た。
 
 4月27日に開幕したセレクションもこの日がラストデー。これまで同様の3チームに分けられ、午前中は4対4のパスゲーム、CKからのカウンター確認、フォーメーションの確認などのメニューをこなした。
 
 そして、午後にはナイキアカデミーを含む4チームで30分1本の総当たり形式の試合。波田野と高梨が組み込まれたAチームは、ナイキアカデミー、Cチーム、Bチームの順でゲームを戦った。
 
 ナイキアカデミー戦で4-2-3-1の左ウイングに入った波田野は、良い形でボールを持てば果敢にドリブル突破を狙う積極的な姿勢を披露。高梨のボールカットから持ち込んだ試合中盤のドリブルシュート、終了間際に相手の激しいタックルを食らった突破など、随所で輝きを放った。
 
 そのラストプレーで痛めた左膝が心配された2戦目は、右SBでフル出場。本人も「初めてやりました」と語ったポジションだが、位置取りを大きく誤るほとんどシーンはなかったし、パスやドリブルで攻撃にも絡めていた。3戦目は左ウイングに戻り、左足の惜しいフィニッシュ、正確なパスワーク、さらに1戦目でコーチ陣に指摘されていたディフェンスの軽さも改善。現代フットボールの潮流に合わせて攻守におけるインテンシティーを重視するナイキアカデミーだけに、これが合格の決め手となった。
 
 前日までのトレーニングで技術と視野の広さを証明していた高梨は、ナイキアカデミー戦で“花形”のトップ下を託される。ただ、ボールを持てばそれなりに違いを作ったものの、良い形でパスを受ける機会は少なく、「10番」としては物足りない出来。守備の軽さも目に付いた。ベンチスタートだった2戦目は怪我をした左SBに代わって途中出場したものの、不慣れなポジションとあってアピールできず。さらに、右ウイングに入った3戦目も、らしさを見せられずに終わった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ