• トップ
  • ニュース一覧
  • 【大岩Jのパリ五輪メンバー予想】OA枠は遠藤航と板倉滉の2人か。“ラストピース”佐野航大は重宝されるはず

【大岩Jのパリ五輪メンバー予想】OA枠は遠藤航と板倉滉の2人か。“ラストピース”佐野航大は重宝されるはず

カテゴリ:日本代表

松尾祐希

2024年06月19日

直前まで誰を招集できるかは不透明

パリ五輪の予想メンバー。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 大岩剛監督が率いるU-23日本代表は、現地時間7月24日にパリ五輪の初戦を迎える。本大会メンバーの発表まで残り2週間。発表前最後となる遠征も終わり、18人を巡る登録枠の争いは佳境を迎えている。

 すでに大枠となる50人の予備登録リストの提出は済んでいると見られ、6月末と言われている最終メンバーの選定に向けて折衝作業を進めている段階だ。

 インターナショナルマッチウィーク外に行なわれるパリ五輪は代表チームに拘束権がなく、ベストメンバーを組める保証は一切ない。同じくインターナショナルマッチウィーク外に行なわれた4月のU-23アジアカップ(パリ五輪のアジア最終予選)でもメンバー構成に苦戦したように、本大会も直前まで誰を招集できるかは不透明だ。

「交渉は引き続き行なっている」と大岩監督が明かした通り、欧州でプレーする面々の招集可否や24歳以上の選手を起用できるオーバーエイジの3枠は、依然として流動的な状況が続いている。

 特にOAの選定は苦戦しており、一部報道ではOA枠で遠藤航(リバプール)や板倉滉(ボルシアMG)の名前が上がっているが、簡単な話ではない。前者は監督交代初年度のシーズンとなり、後者は移籍の可能性があるため、交渉は一筋縄ではいかないだろう。OA枠を全て使い切れないケースがあっとしても不思議ではない。

 一方でパリ五輪世代の招集に関して、国内組は1チーム2名でそれ以上の選手を招集する場合は交渉となるが、現時点で海外組はOA枠の選手と同様に確定事項がない。先日のアメリカ遠征に参加した面々が現状で本大会に呼べる可能性が高いと言われているが、こちらも最後の最後までどうなるかは分からないだろう。
 
 その前提条件を踏まえたうえで現状のベストメンバーを探っていくと、まずGKは小久保玲央ブライアン(ベンフィカ)と鈴木彩艶(シント=トロイデン)が有力だろう。前者はレギュラーを務めたU-23アジア杯で目覚ましいプレーを見せ、後者はA代表で経験値を積んできた。どちらも甲乙つけがたい力を有しており、レギュラー争いは混沌としている。コンディションを見極めながら、最後の最後までポジション争いは続いていくはずだ。

 ただ、この2人は海外クラブの所属で今夏に移籍の可能性もある。その場合は1月のアジア杯でA代表を経験した野澤大志ブランドン(FC東京)が候補に上がってくるだろう。

 最終ラインは6名で構成するのが濃厚だ。3枚と見られているSBは右に関根大輝(柏)、左に大畑歩夢(浦和)が入ると予想し、残る1枠は半田陸(G大阪)に託したい。アメリカ遠征で右サイドに加えて本職ではない左SBでもプレーしており、複数ポジションができる強みは登録人数が限られた五輪ではプラスに働くはずだ。

 CBはOAで板倉を招集できた場合、残る枠は2つ。アジア杯で評価を高めた高井幸大(川崎)と、同大会で副キャプテンを務めた西尾隆矢(C大阪)が最有力と見るが、怪我の回復次第ではアメリカ遠征に参加していない木村誠二(鳥栖)の抜擢もあるかもしれない。チェイス・アンリ(シュツットガルト)も含め、ギリギリまで状態を見極めながら選定を進めていくことになりそうだ。
 
【関連記事】
【識者推奨|大岩Jのパリ五輪メンバー】OAの起用はナンセンス。ボランチにはあえて山根陸を推したい
「え、うそ?」内田篤人、驚きのパリ五輪オーバーエイジ案に言及。31歳の本人は「パリですしね」
パリ五輪代表の中心と期待された中井卓大、4部降格クラブで先発5試合の厳しい現実。順風満帆だったキャリアの分岐点となった“2年前の決断”
「選ばれたら出たい」遠藤航がパリ五輪のオーバーエイジ招集に言及「クラブと監督が決断」
城彰二がパリ五輪に挑む大岩Jのオーバーエイジ候補を選出! FWは「大迫以外に見当たらない」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ