• トップ
  • ニュース一覧
  • パリ五輪代表の中心と期待された中井卓大、4部降格クラブで先発5試合の厳しい現実。順風満帆だったキャリアの分岐点となった“2年前の決断”

パリ五輪代表の中心と期待された中井卓大、4部降格クラブで先発5試合の厳しい現実。順風満帆だったキャリアの分岐点となった“2年前の決断”

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年06月18日

「ナカイはあえて大海に飛び込むのを選んだ」

2023-2024シーズンはスペイン3部のラージョ・マハダオンダでプレーした中井。(C)Mutsu FOTOGRAFIA

画像を見る

 パリ五輪代表の主軸として期待されていた秀英が苦しんでいる。2014年からレアル・マドリーのカンテラ(下部組織)に所属している20歳のMF中井卓大だ。

 2023-2024シーズン、スペイン3部のラージョ・マハダオンダにレンタルされた中井は、しかし18試合(うち先発は5試合)に留まり、得点とアシストはともにゼロだった。チームも3部グループ1で最下位の20位に終わり、4部に降格している。

 3部リーグともなれば、フィジカル的で、ましてや下位チームは守備的な戦術にならざるを得ない。テクニカルなMFが出番を得るには厳しい状況だったのは、想像に難くない。

 名門マドリーのカンテラで激しいサバイバルを勝ち抜き、着実に昇格を果たしてきた順風満帆のキャリアの分岐点となったのが、2022-23シーズン前の決断だ。マドリーに精通したセルヒオ・サントス記者は、サッカーダイジェストWebに寄稿した原稿の中でこう綴っていた。
【動画】国王杯優勝を決める中井の衝撃ゴラッソ!
「ナカイには2つの選択肢があった。スペイン3部のカスティージャ(Bチーム)に昇格するか、同5部のマドリーCでプレーするかのどちらかだ。ナカイはカンテラの責任者から後者のほうが実力的にマッチすると助言を受けていた。しかし、ナカイはあえて大海に飛び込むのを選んだ。同じ攻撃的なポジションには、自分よりレベルの高い選手がひしめき合い、チャンスが限られることを分かっていながら、カスティージャに昇格することを決断した」

 結局、そのシーズンに中井は2試合でたった5分間しか出場できなかった。同記者はこう続ける。

「ラウール・ゴンサレス監督の戦力構想に入ることができていないのは否定のしようがない。カスティージャは2部昇格を目ざして戦っている。球際やフィジカルの強さを備えていないと通用しないステージであり、その点においてまだまだ対応できていないナカイは居場所を失う結果となった」

 結果論にはなるが、マドリーCで経験を積んだほうが良かったのかもしれない。また、出場機会がないのであれば、シーズン途中で武者修行に出る道もあったはずだ。レベルの高い環境とはいえ、伸び盛りの時期に1年でわずか5分間しかプレーできなかったのは痛恨だった。
 
【関連記事】
「美男美女ですね!」R・マドリーの中井卓大が投稿した姉との2ショットに反響! 久保建英との共演を望む声も続々
「ナカイのトップ昇格は難しい」今季2試合で5分…中井卓大の“リアルな評価”をマドリー番記者に訊いた「有力なのは日本帰還だ」【現地発】
「経験と学びのシーズン」MF中井卓大が今季終了を報告! マドリーから3部にレンタル中の20歳に日本移籍待望論「Jリーグに来てくれー」
「挑発された」長谷部誠が衝撃告白! 本田圭佑が「性格悪い」と非難したDFと喧嘩した過去を明かす!「まだ相当若かった」
「アンチェロッティがレベルに驚いた」マドリーのMF中井卓大が再びトップ練習に参加!“昇格”の可能性を現地報道「特別な存在。日本人は加わるだろう」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ