• トップ
  • ニュース一覧
  • ACLの経験が活きたPK戦。マリノス水沼宏太はサポーターの後押しに感謝「すごくパワーになりました」【天皇杯】

ACLの経験が活きたPK戦。マリノス水沼宏太はサポーターの後押しに感謝「すごくパワーになりました」【天皇杯】

カテゴリ:Jリーグ

金子 徹(サッカーダイジェスト編集部)

2024年06月13日

ACL準決勝・第2レグで、韓国の蔚山をPK戦の末に破る

右ウイングで先発した水沼。ベンチから見守ったPK戦は「大丈夫」と感じていたという。写真:梅月智史(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[天皇杯2回戦]横浜 2(5PK4)2 岐阜/6月12日/岐阜メモリアルセンター長良川競技場

 6月12日に行なわれた天皇杯2回戦で、岐阜メモリアルセンター長良川競技場では横浜F・マリノスとFC岐阜が対戦。延長戦を含め120分を戦い終えて2-2で決着がつかず、迎えたPK戦を横浜が5-4で制した。

 右ウイングで先発した水沼宏太は、前半から武器の高精度クロスで何度もチャンスメイク。81分には「右足でいくつか怖いボールを送れていた。(相手が)右を警戒して早めに切ってきたので、そのジャブが効いた」と、切り返しから左足のクロスで植中朝日のゴールをお膳立てした。
【動画】横浜がPK戦を制して3回戦進出。岐阜戦ハイライト
 その後、91分に小池裕太との交代でピッチを退いた水沼は、ベンチからPK戦をどう見ていたのか。

「みんな上手なので、そこまでドキドキはなく、大丈夫って信じて見ていました」

 PK戦は横浜のサポーター側で行なわれた。トリコロールの選手たちに大きな声援を送る横浜サポーターの存在は、間違いなく岐阜の選手たちにプレッシャーを与えたはずだ。

 実際、両チームとも4人目までが成功したなか、先攻だった岐阜の5人目の甲斐健太郎が枠を外して失敗。そして後攻の横浜はエドゥアルドがきっちり決めた。

 横浜はホームでのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)準決勝・第2レグで、韓国の蔚山をPK戦の末に破った。天皇杯の岐阜戦は平日かつ遠地のため、サポーターの数はACLの時ほど多くなかったが、水沼は「ACLの時もそうでしたけど、あのプレッシャーは嫌だろうなって感じたし、サポーターの力を感じた。すごくパワーになりました」と感謝を口にする。

 また、ACLでのPK戦の経験が、今回の岐阜戦でも活きたのかを訊くと、34歳のウインガーは「この前、勝っているから、今日も勝てるっていう声があった」とコメント。岐阜戦の2日前に主将の喜田拓也が「ACLの経験も活かしたい」と語っていたが、まさに体現したと言えるだろう。

取材・文●金子徹(サッカーダイジェスト編集部)

【記事】「監督の信頼はなかったと思う」それでもPK戦で一番手に指名されたマリノス植中朝日が見事成功「なんとなく蹴る直前に変えた」【天皇杯】
 
【関連記事】
「ラスト5分くらいはカオス」横浜はなぜ岐阜に苦戦したのか。キューウェル監督は「リードしてリラックスした部分が見えた」【天皇杯】
「ちょっとずれて、“あっ”と思って」マリノス井上健太が明かす貴重な同点弾の舞台裏【天皇杯】
「自分も三笘さんの世代を見て...」貴重な同点弾の内野航太郎がJ1町田撃破を振り返る「筑波の名前を広めることができたのかな」
「何してんの?」「チャンスすら作れない」J1名古屋が天皇杯で地域1部クラブにまさかの敗戦「JSC普通にうまい」などの声
「どういう子が伸びると思いますか?」内田篤人の問いに小野伸二の答えは?「上手い子って言わなかった」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ