• トップ
  • ニュース一覧
  • 「ちょっとずれて、“あっ”と思って」マリノス井上健太が明かす貴重な同点弾の舞台裏【天皇杯】

「ちょっとずれて、“あっ”と思って」マリノス井上健太が明かす貴重な同点弾の舞台裏【天皇杯】

カテゴリ:Jリーグ

金子 徹(サッカーダイジェスト編集部)

2024年06月13日

「一瞬だけ空いたので打ちました」

90+7分に貴重な同点弾を決めた井上。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

[天皇杯2回戦]横浜 2(5PK4)2 岐阜/6月12日/岐阜メモリアルセンター長良川競技場

 6月12日に行なわれた天皇杯2回戦で、横浜F・マリノスはFC岐阜と敵地で対戦。120分を戦った末に2-2で決着がつかず、迎えたPK戦を5-4で制した。

 この一戦で貴重な同点弾を決め、横浜の3回戦進出に大きく貢献したのが井上健太だ。

 1-2で試合がそのまま終了するかに思われた90+7分、左サイドをドリブルで持ち上がった井上が、ボックス内に侵入して右足を振り抜く。2回バウンドした低い弾道のシュート。ボールは逆サイドのポストに当たってネットに吸い込まれた。
【動画】井上が劇的同点弾! 横浜がPK戦を制して3回戦進出。岐阜戦ハイライト
 試合後、井上はゴールシーンを次のように振り返った。

「ボス(ハリー・キューウェル監督)から、もっと仕掛けろって試合中に言われていて、シュートとかクロスでやりきる場面が少なかったので、最後は自分がいかなきゃっていう想いで振り抜きました」

 後半アディショナルタイム、あと数分を守り切れば勝ち上がれる岐阜が5バックを敷いてゴール前を固めるなか、井上はシュートコースが見えていたという。

「相手も縦を警戒していて、ちょっとずれてコースもあったので、“あっ”と思って。キーパーの位置までは把握できなかったんですけど、一瞬だけ空いたので打ちました」

 エウベル、ヤン・マテウス、宮市亮、水沼宏太など、横浜のウイングには実績のある錚々たるメンバーが揃う。だからこそ背番号17は「自分たちがここで何ができるのかを監督からも求められていたと思うし、ここで負けて、周りから“やっぱり駄目なんだな”と思われるのは嫌だった。自分のポジションには良い選手がたくさんいて、結果も残している。そこに食い込んでいくためには数字を残さないといけないことは自分でも分かっているので、取れて良かった」と語る。

 井上は直近のリーグ戦では2試合続けて先発しており、チーム内での存在感を高めつつある。スピードが武器のアタッカーのさらなる飛躍に期待だ。

取材・文●金子徹(サッカーダイジェスト編集部)

【記事】「コイツすげぇ」「化け物みたい」内田篤人が対戦して驚愕した日本人アタッカーは? 本人は「早く海外行きなよって...」
 
【関連記事】
「アジア1位を証明した」森保Jの強さに韓国メディアがこぞって注目! 母国の最終予選には懸念も「日本とイランは避けたが…」
「ラスト5分くらいはカオス」横浜はなぜ岐阜に苦戦したのか。キューウェル監督は「リードしてリラックスした部分が見えた」【天皇杯】
「何してんの?」「チャンスすら作れない」J1名古屋が天皇杯で地域1部クラブにまさかの敗戦「JSC普通にうまい」などの声
鹿島の大器、17歳FW徳田誉が待望の公式戦デビュー! 「チームの力になれる選手」とポポヴィッチ監督も期待を寄せる【天皇杯】
「スペインであれだけやれたら代表でやれない理由はない」シリアを蹂躙した久保建英から漲る確固たる自信「言える実力もついている」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ