• トップ
  • ニュース一覧
  • 「監督の信頼はなかったと思う」それでもPK戦で一番手に指名されたマリノス植中朝日が見事成功「なんとなく蹴る直前に変えた」【天皇杯】

「監督の信頼はなかったと思う」それでもPK戦で一番手に指名されたマリノス植中朝日が見事成功「なんとなく蹴る直前に変えた」【天皇杯】

カテゴリ:Jリーグ

金子 徹(サッカーダイジェスト編集部)

2024年06月13日

格下に辛勝「危機感をもっと持たないと」

81分に先制点を決めた植中。PK戦では1番手のキッカーを務め、しっかりと成功させた。写真:梅月智史(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[天皇杯2回戦]横浜 2(5PK4)2 岐阜/6月12日/岐阜メモリアルセンター長良川競技場

 J1の横浜F・マリノスは6月12日、天皇杯2回戦でJ3のFC岐阜と敵地で対戦。延長戦を経て2-2で突入したPK戦を5-4で制し、3回戦に駒を進めた。

 PK戦で後攻の横浜は5人全員が成功。一番手のキッカーを務めたのは、81分にチームの先制点を決めている植中朝日だが、本人にとっては、ある意味、予想外だったようだ。
【動画】横浜がPK戦を制して3回戦進出。岐阜戦ハイライト
「キャンプの時にPK練習で5本連続で外して、(ハリー・キューウェル)監督からのPKの信頼度は本当になかったと思う。いつも(蹴るメンバーに)入っていないので、今回も入らないかなと思っていたら、『いけるか?』って大島(秀夫)コーチから言われて。いけますよって言ったら一番だった。決められて良かったです」

 続けて、植中は「ゴールを決めていたので、外しても誰も攻めないだろうって考えたら、楽に蹴れました」と振り返りつつ、「左に蹴ろうと思っていたんですけど、なんとなく蹴る直前に(右へ)変えた」ことが成功に繋がったという。

 ただ、チームの勝利に貢献した背番号14の表情に、笑顔はない。

「勝ったのはもちろん良かったですけど、カテゴリーの差がある以上、勝ち方にもこだわらないといけない。そういった意味では、危機感をもっと持たないといけない」

 横浜は天皇杯の3回戦で、J2の水戸ホーリーホックと相まみえる。次もカテゴリーが下のクラブとの対戦だけに、貫禄を見せて勝利を掴みたい。

取材・文●金子徹(サッカーダイジェスト編集部)

【記事】「もうダメだ」「このチームはゴミだ」大岩ジャパンに0-2敗戦のアメリカ、母国ファンは落胆「ボールロストの回数で世界記録を作ろうとしているのか?」
 
【関連記事】
「ラスト5分くらいはカオス」横浜はなぜ岐阜に苦戦したのか。キューウェル監督は「リードしてリラックスした部分が見えた」【天皇杯】
「ちょっとずれて、“あっ”と思って」マリノス井上健太が明かす貴重な同点弾の舞台裏【天皇杯】
J1町田撃破の立役者、筑波大FW内野航太郎に三笘薫の姿が重なった。将来有望な19歳に期待せずにはいられない
「何してんの?」「チャンスすら作れない」J1名古屋が天皇杯で地域1部クラブにまさかの敗戦「JSC普通にうまい」などの声
「彼らは凄まじい」シリアMFが森保ジャパンに脱帽!「特に素晴らしかった」と驚嘆した3選手は?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ