• トップ
  • ニュース一覧
  • 森保ジャパンの3バック挑戦。最終予選の強敵相手には通用するのか? 守備面ではデメリットも

森保ジャパンの3バック挑戦。最終予選の強敵相手には通用するのか? 守備面ではデメリットも

カテゴリ:日本代表

清水英斗

2024年06月12日

日本が[3-2-5]を選択した背景

日本代表を指揮した森保監督。シリア戦ではミャンマー戦に続き、3バックを採用した。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 日本代表は6月11日、エディオンピースウイング広島で行なわれたワールドカップ・アジア2次予選のシリア戦で5-0の大勝を収めた。

 ミャンマー戦に続き、3バックを採用した日本だが、攻撃の配置は[3-1-5-1]から[3-2-5]に変わった。ミャンマーは5バック、シリアは4バックだったので、相手の形に合わせて前線に1枚の数的優位を作ることが、システムを調整した理由のひとつだろう。

 大きな違いがあるわけではない。前回の[3-1-5-1]でもプレッシャーを受けそうな局面では鎌田大地らが下がり、ダブルボランチのように変形したし、今回の[3-2-5]でも、縦パスが入りそうなら田中碧がポジションを上げ、相手のライン間へ潜った。

 つまり、状況によっては同じ形に行き着くのだが、どちらの形から始めるか、という点でミャンマー戦とは違いがあった。その点は後ほど掘り下げるとして。

 この試合、序盤から目立ったのは南野拓実だ。日本の[3-2-5]に対し、シリアは[4-4-2]で構えたので、初期配置の時点で日本の5トップは4バックに数的優位がある。そのため、シリアは自陣では右サイドハーフの8番ジャリル・エリアスが外へ張り出し、中村敬斗をマークした。結果として中盤サイドにスペースが空くが、ここにタイミング良く顔を出し、レシーバーになったのが南野だった。

 13分に中村の縦突破から、上田綺世がヘディングで先制ゴールを挙げた場面も、中村へ展開する起点を作ったのは南野だ。また、シリアの対応上、彼が空きやすいことを察知したのか、16分には自陣深くから冨安健洋が浮かしたミドルパスを南野へ通し、一発でプレス回避を成功させる場面もあった。序盤から中村の仕掛けが目立ったのは、となりで南野が巧みにボールを引き出していたことが大きい。

 一方、日本の先制後、前節で北朝鮮に敗れて後がなく、勝点3を奪うしかないシリアは、ハイプレスにくる傾向が強くなった。
 
 ここで圧巻だったのは、19分の堂安律による追加点の場面だ。日本はシリアのハイプレスを自陣深くでいなした後、GK大迫敬介からタッチライン際の中村へミドルパス。相手DFも寄せてきたが、中村はスムーズにボールを抑えると、中央で空いた久保建英へ矢のようなグラウンダーのパスを通した。プレス回避に成功すると、久保の持ち運びから最後は堂安が見事なフィニッシュへ。

 この2点目のシーンには、日本が[3-2-5]を選択した、もうひとつの背景が表れたのではないか。

 シリアの状況を鑑みれば、彼らがハイプレスを試みることは想定できる。このとき遠藤航と田中、ボランチを2枚置けば、ハイプレスをいなすサポートを確保しやすい。加えて、ウイングハーフの利き足だ。中村と堂安は、どちらも逆足サイドに配置された。ハイプレスを受けた場面では、相手からボールを隠しながら利き足でパスを出せるメリットがある。

 上記の場面は中村のクオリティが光ったが、堂安も遠くを見るビジョンとキック精度には定評がある。サイドでボールを持つと、南野など遠くの味方を見ながらプレーしていた。逆足ウイングハーフは、プレス回避を含め、ダイナミックな展開を可能にするひとつの要素だった。

【PHOTO】日本代表のシリア戦出場16選手&監督の採点・寸評。3人が7点の高評価。MOMは2点に関与した左WB
 
【関連記事】
「スペインであれだけやれたら代表でやれない理由はない」シリアを蹂躙した久保建英から漲る確固たる自信「言える実力もついている」
「彼らは凄まじい」シリアMFが森保ジャパンに脱帽!「特に素晴らしかった」と驚嘆した3選手は?
【日本5-0シリア|採点&寸評】圧勝締めで先発全員が及第点以上! 3人が7点の高評価、MOMは鮮烈弾の堂安ではなく...
「アジア1位を証明した」森保Jの強さに韓国メディアがこぞって注目! 母国の最終予選には懸念も「日本とイランは避けたが…」
「全く及ばなかった」「私たちよりだいぶ上」シリア監督、日本との“圧倒的な差”を痛感。かつて2年連続でCL決勝に導いた名将

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ