• トップ
  • ニュース一覧
  • 「今の町田は批判されるような試合はしていない」GK谷晃生の自負「対戦相手の選手と話しても…」【町田】

「今の町田は批判されるような試合はしていない」GK谷晃生の自負「対戦相手の選手と話しても…」【町田】

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2024年06月13日

どの食べ物が好きって言っているのと同じ

町田のサッカーについて独自の見解を示した谷。写真:塚本侃太(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 FC町田ゼルビアのサッカーは、ロングスローやロングボール頼みで面白くないとの声もある。それに対し、元Jリーガーの鄭大世氏は「町田のサッカーを批判する人は恥ずかしいと思ったほうがいい」と独自の見解を述べていた。

 では、実際に戦っている選手たちは批判の声をどう捉えているのか。GKの谷晃生は次のように答えてくれた。

「いろんな形があっていいと思います。自分にとってのサッカー感というか、ロールモデルというか、どういうサッカーが好きかとか、そこは人それぞれです。どの食べ物が好きって言っているのと同じですよね」

 そう言った谷は「ただ」と続ける。
 
「勝負事なので、勝つことが何より大事。町田みたいなチームがあっても面白いと思います。正直、今の町田は批判されるような試合はしていない。対戦相手の選手と話しても『なんで町田って批判されるんだろうな』『そんなサッカーしてないよな』って言ってもらえる。色んな考え方がありますし、そこをコントロールすることもできないですが、これもひとつのサッカーの形。相手の嫌がることをやるのはどのスポーツにおいても常套手段です」

 ロングスローは相手の嫌がる武器で、それが勝つための手段なら何も問題はない。勝利への最善策を尽くす町田のサッカーは汚いというよりも、美しい。現地取材を複数した筆者の素直な感想だ。

取材・文●白鳥和洋(サッカーダイジェストTV編集長)

【PHOTO】プライムラウンド進出へ向け選手たちを鼓舞し続けたFC町田ゼルビアサポーター!
【関連記事】
「授業を受けている感覚」「120パーセントのプレーが大前提」日本代表GKが明かす“黒田監督の指導力と言語力”【町田】
「『だって、できなかったよね』『それじゃ出られないよね』」絶妙な言葉のチョイスで言い訳無用の舞台を整える黒田監督のマネジメント力【町田】
「ちょっとイラッとしました」平河悠を刺激した“黒田剛監督の言葉”とは?【町田】
「高校サッカーの時もよくあった現象」とは? C大阪戦の2失点を重く受け止めた黒田剛監督「一度飲み込んだものをグワッと出してしまう」【町田】
「町田のサッカーが汚いとか文句を言っている人は恥ずかしい」元Jリーガーが警告「ルールの範囲で時間稼ぎをして何が悪いのか」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ