• トップ
  • ニュース一覧
  • 大怪我を乗り越えて完全復活。昌平の17歳SB上原悠都は、まだ見ぬ自分に出会うために走り続ける

大怪我を乗り越えて完全復活。昌平の17歳SB上原悠都は、まだ見ぬ自分に出会うために走り続ける

カテゴリ:高校・ユース・その他

松尾祐希

2024年05月30日

自分の無力さに心が折れた時もあった

今季も不動の左SBとして躍動する上原。プレミアリーグの市船戦でも攻守に存在感を示した。写真:松尾祐希

画像を見る

 思い描いたキャリアではなかったかもしれない。

 上原悠都(3年)、17歳。タレントが揃う昌平で入学早々にレギュラーポジションを掴み、強度の高い守備を武器に右SBで存在感を示したタレントだ。

 1年次、夏のインターハイでは4強入りに貢献。2か月後に行なわれたU-17ワールドカップのアジア予選のメンバーにも選出されるなど、今後の飛躍を期待させた。

 しかし、そこからは苦悩の日々に。1年次の終わりにU-17日本高校選抜の活動で左膝前十字靭帯を負傷。目標としていたU-17W杯出場も果たせなかった。年末には復帰し、昨年度の高校サッカー選手権ではレギュラーとしてプレーしたが、技術面でもメンタル的にも、伸び盛りの高校生にとってはあまりにも痛い空白期間を過ごした。

――◆――◆――

 2024年5月26日、U-18高円宮杯プレミアリーグEASTの第8節・市立船橋戦。開幕から全試合に先発している上原は、この日もスタートからピッチに立ち、左SBのポジションで堅実なプレーを見せた。

 6-0で大勝したが、前半は一進一退でどちらが先にゴールを奪っても不思議ではない展開。むしろ昌平は相手のハイプレスを剥がせずに苦労していた。そのなかで上原は、粘り強い守備で相手を封殺。「今までの試合では前半にギアを上げられていなかったけど、入りの面では動けていた」と手応えを感じていた。

 迎えた後半に攻撃陣が爆発。サイドを打開したかと思えば、次は中央から。まさに変幻自在の仕掛けでシュート24本を放つワンサイドゲームとなった。上原は積極的に攻撃に関与。後半7分に投入された左サイドハーフ長璃喜(2年)との連係では、ドリブルが武器の相方を後方からサポートする。

 追い越す動きでもチャンスに絡み、豊富な運動量で最後までピッチを駆け回った。守備でも最後まで集中力を切らさず、球際の勝負でも簡単に競り負けない。完全復活と呼べるパフォーマンスでチームの勝利に貢献した。
 
 大怪我から戻ってきて約半年。負傷時は「全然重いとは思っていなかった」という。

「普通にサッカーができる状態だったので『別に大丈夫』という感じだった。なので、告げられた時は実感がなくて...」

 長期間の離脱は初めて。苦しいリハビリ生活が始まった。

「入院期間が一番長く感じて、とにかく動けなかったのが辛かった」

 仲間の活躍を見守ることしかできない。インターハイ予選でチームは準決勝で浦和南にPK戦で敗れ、全国に挑む権利を手に入れられなかった。

 上原は自分の無力さに心が折れたという。「気持ちが上がらなくなった」。リハビリを断念してサッカーを辞めることすら考えた。

【画像】小野伸二や中村憲剛らレジェンドたちが選定した「J歴代ベスト11」を一挙公開!
 
【関連記事】
豊田章男氏に感銘。“自分の言葉”で訴えかける昌平の玉田圭司監督。日に日に高まる情熱。「サッカーを楽しむ」も忘れずに
わずか45分で圧巻4発! 昌平2年生MF長璃喜の先発へのこだわり。玉田圭司監督も期待「形をうまく作れば誰も止められない」
「活躍すればいいけど賭け」「賛否ある」内田篤人、高校卒業→Jを経由せずに海外挑戦の風潮に見解「宮市も言ってたけど...」
「丸刈りで、やっているサッカーも...」前園真聖が鹿実時代の“コンプレックス”を激白!「抜け出したいと、ずっと思っていた」
「酒井宏樹さんにバチバチにやられた」。“本物のプレー強度”を体感し、意識がさらに変わった神村学園の名和田我空「守備が苦手という印象を払拭したい」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ