• トップ
  • ニュース一覧
  • 「父と比べられて辛かった」ロマーリオ、ペレ、ジーコ…偉大なフットボーラーの息子たちが抱いた苦悩と歩んだキャリア【現地発】

「父と比べられて辛かった」ロマーリオ、ペレ、ジーコ…偉大なフットボーラーの息子たちが抱いた苦悩と歩んだキャリア【現地発】

カテゴリ:ワールド

沢田啓明

2024年06月02日

会長に就任したロマーリオが30歳の長男を獲得

現役復帰したロマーリオ(左)と息子のロマリーニョ(右)。親子で同じピッチに立つ夢は叶うか。 (C)Getty Images

画像を見る

 かつてヴァスコダガマやバルセロナなどでゴールを量産し、ブラジル代表の一員として1994年ワールドカップで優勝を果たして大会MVPにも選ばれたロマーリオ(58歳)が今年1月、リオ州2部のアメリカの会長に就任。3月に30歳の長男ロマリーニョを獲得すると、「息子と一緒にプレーするのが夢だった」と打ち明け、4月には自らの現役復帰を発表した。

 ちなみに、本稿を執筆している5月末時点でまだ出場機会はなく、「息子と一緒にプレー」する夢は実現していない。
 
 ロマリーニョは、父親がバルセロナ在籍中の1993年、バルセロナで生まれた。13歳のときに父親も在籍したヴァスコのアカデミーに加わり、2013年、19歳でプロ選手となった。しかし、以後は中小クラブを転々し、通算67試合に出場して1得点。偉大な父親とは比べるべくもない。
 
 ブラジルでは偉大な選手の息子がプロ選手になったケースがいくつかあるが、そのほとんどは大成せずに終わっている。
【PHOTO】まさにスタジアムの華! ワールドクラスたちの妻、恋人、パートナーら“WAGs”を一挙紹介!
 ペレの息子エジーニョが、その典型だ。父親がニューヨーク・コスモス在籍中にニューヨークで育ったエジーニョは、不世出のストライカーだった父親とは真逆のポジションであるGKとして、プロを目指した。
 
 GKとしては小柄だったが、動きが俊敏で、父親と同様、サントスでもプレーした。しかし、大成することなく29歳で現役を引退。2014年、麻薬取引に関与して逮捕された。2019年に釈放されて指導者の道を目指したが、際立ったキャリアは歩めておらず、昨年2月にロンドリーナというスモールクラブの監督を退任して以降、フリーの状態が続いている。
 
 ジーコの場合は、3人の息子のうち2人がプロ選手となった。卓越した技術で世界的な名声を得た父親と同様に2人とも攻撃的MFで、長男ジュニオールは中小クラブを渡り歩いた後に25歳で引退。三男チアゴも、やはり中小クラブでキャリアを重ね25歳で引退した。
 
 いわゆる二世の多くが異口同音に「父と比べられて辛かった」と漏らす。裕福な家庭に生まれたことも、ハングリー精神の欠如という"弱点"となったのかもしれない。
 
文●沢田啓明
 
【著者プロフィール】
1986年にブラジル・サンパウロへ移り住み、以後、ブラジルと南米のフットボールを追い続けている。日本のフットボール専門誌、スポーツ紙、一般紙、ウェブサイトなどに寄稿しており、著書に『マラカナンの悲劇』、『情熱のブラジルサッカー』などがある。1955年、山口県出身。 

【記事】「お似合いすぎる!」「素敵なご夫妻」結婚発表の堂安律、女性と寄り添う2ショット公開で大反響!

【記事】「監督が修正をした」なぜマドリーは前後半で別のチームになったのか。V戦士が語るアンチェロッティの名采配「変更が助けになった」
 
【関連記事】
「お似合いすぎる!」「素敵なご夫妻」結婚発表の堂安律、女性と寄り添う2ショット公開で大反響!「ついにお披露目!新婚さんの雰囲気に圧倒されます~」
「エンドウは技術的に限界」遠藤航が控えに降格危機。スロット新政権の補強第1号はEL王者のブラジル人MFと現地報道「アタランタのスターは7歳も若い」
「ほんと、すごい」松井大輔が絶賛した欧州組日本人は?「違うチームに行ってもらいたい」
「どうすんの?」内田篤人が久保建英の去就に言及「残ることも...」
「マドリーに戻る」スペイン3部で武者修行のMF中井卓大、保有元に復帰と現地報道。マハダオンダは4部降格「不本意な結果」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ