町田FW藤尾翔太が示した点取り屋の矜持。狡猾なヘッド&PK弾でパリ五輪行きへ猛アピール

カテゴリ:Jリーグ

松尾祐希

2024年05月20日

ゴールから遠ざかるも、焦りはなし

東京V戦で2得点の藤尾。パリ五輪出場に向け、アピールを続ける。写真:永島裕基

画像を見る

[J1第15節]町田 5-0 東京V/5月19日/町田GIONスタジアム

 町田のFW藤尾翔太が、ついに歓喜の瞬間を迎えた。

 最後にネットを揺らしたのは、U-23アジアカップを戦う大岩ジャパンに合流する前の7節・川崎戦。今季3点目となるゴールを決めた。ただ、代表で得点はなく、チームに戻ってきてから3試合に出場したなかでも、それは変わらなかった。

 もっとも、本人は「ゴールを決めていなくて“やばい”というのはなく、焦りはあまりなかった」という。

 迎えた5月19日の東京V戦。FWオ・セフンと最前線でコンビを組むと、序盤から黒田剛監督に鍛えられた強度の高い守備で、ファーストディフェンダーの役割をこなす。攻撃では懐の深いキープを武器に存在感を示す。エリア内の迫力も十分で、相手と駆け引きをしながら常に良いポジションを取り続けた。
 
 29分に生まれたゴールも、まさに得意とする形から。敵陣の右サイドでスローイン。右SB鈴木準弥はロングスローではなく、近くにいたMF柴戸海に預ける。そしてリターンパスを受けた鈴木がアーリークロスをゴール前にインスイングで入れると、藤尾がダイビングヘッドで押し込んだ。

「準弥君からボールが上がってくる前のタイミングで、駆け引きは終わらせたかったので、1回、相手ディフェンダーの後ろに入って、先に入りたいスペースを開けておいた。ボールが来るタイミングで上手く前に入れたと思う」

 東京VのCB林尚輝にマークされていたが、ボールが入る前に狡猾な動きで相手を出し抜いた。一度、相手の視界から消えて自分が入るスペースを空けておくと、鈴木からボールが出た瞬間、一気にスピードを上げて振り切る。

「チームで決めた場所に入ってきたというのはあるけど、彼は後ろから前から頭ひとつを出すのが得意。2節目のグランパス戦もそういうゴールだったと思うんですけど、彼の持ち味は泥臭さというか貪欲さ。しっかりとこういうゲームで生きたと思う」とは黒田剛監督の言葉。ダイビングヘッドも見事だったが、その前の動き出しで全てを決していた。

【動画】藤尾の2ゴールなど町田が5発圧勝! 東京V戦ハイライト
【関連記事】
「狙わない理由がない」5-0と大勝した東京V戦後、町田のベテランDFがJ1制覇へ強気発言「過去のJリーグを見ても…」
「我々の手法を意識すればするほど…」まさに恐怖。綿密な分析の下で構築された変幻自在のセットプレー【町田】
「我々が用意したFKを本来蹴るはずじゃない選手が蹴った」城福監督が語った町田戦での知られざるアクシデント「私の問題」【東京V】
「どういう子が伸びると思いますか?」内田篤人の問いに小野伸二の答えは?「上手い子って言わなかった」
「選手はどうサボりながら勝つかを考えちゃう」内田篤人が“夏のJリーグ”について持論「正直、欧州と逆のことをやっている」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ