• トップ
  • ニュース一覧
  • 「最も脅威となった“アタッカー”だ」圧巻同点弾の冨安健洋、地元メディアが最高評価で絶賛!「改めて多才さを見せつけた」

「最も脅威となった“アタッカー”だ」圧巻同点弾の冨安健洋、地元メディアが最高評価で絶賛!「改めて多才さを見せつけた」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年05月20日

20年ぶりの優勝は果たせず

最終戦で今シーズン2点目を決めた冨安。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間5月19日に開催されたプレミアリーグの最終節で、冨安健洋が所属する2位のアーセナルが15位のエバ―トンとホームで対戦。2-1で逆転勝利を収めたものの、首位のマンチェスター・シティがウェストハムに勝ったため、2ポイント差で20年ぶりの優勝は果たせなかった。

 このシーズン最終戦で、最も輝きを放ったのが、左SBで5試合連続スタメン出場を果たした冨安だった。

 開始6分のヘディングシュートは惜しくも外したものの、40分に先制されて迎えた44分、右サイドからマーティン・ウーデゴーが送り込んだグラウンダーのクロスを右足で捉え、同点ゴールを奪う。

 今シーズン2点目を挙げた25歳は、ガブリエウ・マガリャンイスの負傷に伴って59分からCBに回り、ユーティリティ性を発揮。守備でも綻びを見せなかった。
【動画】冨安の鮮やかな同点ゴール! 右足で正確なダイレクトシュート
 もちろん現地の評価も高い。地元メディア『football.london』は採点記事で、日本代表DFに単独の最高点となる「8点」を付与。こう称えている。

「予想外にも、アーセナルで最も脅威となったアタッカー陣のひとりだ。ゴールを決めたし、もっと得点できたかもしれない。終盤戦は左SBの穴を完全に埋め、改めて多才さを見せつけた」

 残念ながらチームは2シーズン連続で2位に終わったものの、最後の最後で特大のインパクトを放った。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「とんでもない物を見た」「えぐい!なんでループ出来るの?」久保建英の凄技アシストにファン驚愕!「見たことないぞ。メッシ並み」
 
【関連記事】
「奥さんともハグ」三笘薫が夫人同伴で最終戦セレモニーに登場! 夫妻で退任するデ・ゼルビ監督との抱擁に反響!「最後のハグ寂しい」
「シュートがエグッ」「フィニッシュうますぎ」冨安健洋が最終戦で決めた“2人股抜き弾”に驚嘆の声!「涙なしに見られない」
「アルテタ監督が熱望している」アーセナルが三笘薫の関心と現地報道!“トレード案”にも言及「誰にとっても都合の良い取引」
「見たことのないプレースタイル」冨安健洋がアーセナルの今季ベスト11に! 専門サイトが選出「いかに多才であるかを示した」
「日本人という枠だけでなく、世界的に見ても最高峰」アーセナル冨安健洋が“痺れる”プレミア優勝争いを語る「誰しもができる経験ではない」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ